2018.09.26

 9月30日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.93」の[Krushライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で挑戦者・大沢文也と対戦する王者ゴンナパー・ウィラサクレックのインタビューを公開!(インタビューは公開練習でのもの)

──試合に向けてのコンディションはいかがですか?

「練習も順調で当日までに100%に持って行けると思う」

──会見では大沢選手のことを知らないとおっしゃっていましたが、その後に映像は見ましたか?

「あの後にいくつか映像を見て、どういう風に戦っていけばいいか対策を練った。対戦相手が強いか弱いかに関わらず、どんな相手でも自分は全力で戦っていく」

──大沢選手にはどんな印象を持ちましたか?

「ボクシングスタイルの選手で良いパンチを持っていると思う。ステップワークなども非常に良いものがある」

──自分とのレベルの違いはどう感じていますか?

「確かにレベルの差はあると思う。でも格闘技は一度リングに上がればそこは対等な立場で戦うもの。自分が負ける可能性もゼロではない。しっかり対策を練ったかどうか、ちゃんと練習をしたかどうか。それがリングで出る」

──相手がボクシングスタイルの選手ということで、ゴンナパー選手も得意のパンチで対抗していくのか、それともトータル的にムエタイのテクニックを駆使して戦うのか、自分ではどう感じていますか?

「いつもの自分のスタイルで戦う。チャンスがあればパンチもどんどん繰り出していくし、今は自分のパンチにも自信がある」

──今の時点でどんなフィニッシュを予想していますか?

「タイミングによると思うが、ダウンやKOシーンは絶対に出てくる試合になるだろうね」

──目標としてK-1のベルトと卜部功也戦を掲げていますが、今回の試合はそのアピールにしたいという気持ちもありますか?

「もちろん。今回の試合でK-1でのタイトルマッチもアピールしたいし、自分は功也の挑戦者として相応しいとも思っている」

──ライト級で自分と同レベルにいる選手、ライバルと思えるぐらい強いと思っている選手はいますか?

「思いつかない。思い浮かぶのはK-1チャンピオンの卜部功也だけだ。もし功也と戦うことになったら、K-1ルールの中で使えるムエタイのテクニックを全て使って攻めていく。それが今の自分のファイトスタイルだ」

──それでは最後に応援してくれるファンの皆さんにメッセージをいただけますか?

「9月30日に自分の防衛戦がある。タイの皆さん、日本の皆さん、ぜひ応援よろしくお願いします。自分は全力尽くして期待を裏切るような試合はしない。ムエタイ、ナンバーワン!」

 

選手登録