2018.09.23

 9月23日(日)東京・ベルサール九段3Fイベントホールにて、明日開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ大会の前日計量・会見が行われた。

「K'FESTA.1」3.21さいたま大会での3階級制覇の偉業達成以来、半年振りの試合となるスーパー・フェザー級王者・武尊。今大会ではスーパーファイトに出場し、スーパー・ライト級(-65kg)でもISKAの世界タイトルを獲得しているスペインのダニエル・ピュータスと対戦する。

 記者会見で武尊は「明日は半年振りの試合になるんで、僕自身すごく楽しみで気合いを入れてやってきました。今K-1は新しい選手がたくさん出てきて盛り上がっていますが、明日はやはり武尊がK-1の中心だなと思われる勝ち方で勝ちたいと思います」と主役宣言。

 スーパー・フェザー級とスーパー・ライト級では2階級(リミット体重で5kg)の差があり、傍目にも一回り身体の大きいピュータスと対戦する武尊は「やっぱり上の階級でやってる選手だけあって、相手の身体を見て正直でかいなと思った。逆に僕はスーパー・フェザー級の中でも身体が小さい方です。でもそれはやる前から分かっていることです」。

 武尊自身、スーパー・フェザー級での戦いに向けて「身体作りはずっと続けています。普段体重はほぼ増えてないですが、身体の大きな選手と練習したり、アメリカに行ってフィジカルのトレーニングもやってで、身体の芯の強さはレベルが上がっている実感がある」と準備を続け「身体の強さがそのまま強さに比例するわけじゃないんで、それを明日見せたいと思います」と勝利を誓う。

「K-1 AWARDS 2017」では武居由樹にMVPを譲る形となったが「明日の試合を全力でやって、僕が一番満足出来る形で勝てば自然と(MVPに)選ばれると思います」と武尊。「僕自身が一番満足できるようなKOで勝ちたいし、来年3月の『K'FESTA.2』に向けても同じ。自分が一番満足できる形でKOすることしか考えていません」と自分らしくKOで勝つと宣言した。

 一方、公開練習では「仮にパンチだけで戦っても勝てる」と豪語していたピュータスは「武尊はとにかく素晴らしい選手だと思っているけど、明日勝つのは自分だ」と言葉は少ないながら、自信に満ち溢れた表情で静かに勝利を予告。「明日はみなさんが楽しむような試合をお見せしよう」と不敵に語った。武尊は宣言通りのKO勝利でカリスマ帰還を自らの手で祝うことが出来るか? それともピュータスが自慢の拳で武尊を粉砕してしまうのか?

 

選手登録