2018.09.02

 9月2日(日)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・新宿FACE「KHAOS.6」の一夜明け会見が行われた。

<KHAOS ROYAL/女子アトム級>の第3試合で豊嶋里美と対戦したC-ZUKA。1R開始早々に右フックでダウンを奪われる苦しい立ち上がりだったが、徐々にペースを取り戻して延長判定の末に逆転勝利を収めた。

 一夜明け会見でC-ZUKAは試合当日に緊張をほぐすために一人でカラオケに行ったという驚愕のエピソードを明かし「これから一歩一歩経験を重ねて上に進んでいきたい」「色んな人が『感動をありがとう』と言ってくださって、これからも感動を与えられる選手になりたい」と選手としての目標を語った。

C-ZUKA
「昨日は8カ月ぶりの試合で正直不安の方が大きかったんですけど、勝ててホッとしています。いつもみなさんにヒヤヒヤさせる試合を見せてしまっているので、そこを課題にして頑張りたいと思います。

(1R開始早々にダウンを奪われる展開だったが?)私はいつもスロースターターで、1Rはあんな感じになって巻き返すのが自分の持ち味でもあるんですけど…何を考えて戦っていたかは分からないですね。勝ったから言えるんですけど、実は試合で緊張しないために、試合当日に一人で2時間カラオケにいって緊張を発散しようと思ったんですよ。もし負けていたら周りに言えなかったです(笑)。

 昨日はMVPを取るくらいの試合をしたかったのですが、他の選手の試合を見てまだまだだなと感じました。自分でも変わっていないなと感じることもあるので、絶対にそれを改善して上にいきたいです。これから一歩一歩経験を重ねて上に進んでいきたいです。今回は山梨だけでなく色んなところから応援に来ていただいて『感動をありがとう』と言ってくださって、これからも感動を与えられる選手になりたいと思います」