2018.09.02

 9月2日(日)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・新宿FACE「KHAOS.6」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会で<KHAOS ROYAL/スーパー・フェザー級>に出場した横山朋哉はメインイベントで川口拓真と対戦。川口のタフネスに手を焼くも要所で飛びヒザ蹴りをヒットさせるなどして、延長戦までもつれ込んだ接戦を制した。

 一夜明け会見で横山は「昨日は本当に情けない試合をしてしまって、すいませんという気持ちが一杯です。またこれからどんどん強くなって出直してくるので、これからも応援よろしくお願いします」と悔しさをにじませながらの挨拶。

 質疑応答では「川口選手は本当に強くて、全然殴っても倒れなくてタフだなと思いました。あとは自分が一発を狙い過ぎて大きくなってスタミナを消耗しちゃって、課題が一杯増えた試合だなと思いました」と苦戦を認めつつ「最後に浮かんだのがファンのみんなの顔だったり声援でした。それでパワーをもらって力を出せたのが勝てた要因です」とファンの後押しが大きな力になったと明かす。

 さらに横山は「いい経験になったし、気持ちの面でまた1つ上に行けたかなって思いました。いつもならあそこで挫けて負けてたと思うんですけど、そこで勝てたのは非常にでかい勝利だと思います」と今回の勝利の大きさを実感。「これからどんどん試合をして、タイトル戦線に絡んでいきたい。これからもっともっと練習して、兄弟共に上に行くので応援よろしくお願いします」と兄・横山巧と2人での飛躍を誓った。