2018.09.02

 9月2日(日)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・新宿FACE「KHAOS.6」の一夜明け会見が行われた。

 KHAOS初参戦で<KHAOS ROYAL/女子アトム級>に出場し、キャリアが上のテキサス・アユミと対戦したチャン・リー。試合は延長も含めて合計4Rに及ぶ接戦となったが「誰かに追いかけられる夢を見るぐらいきつかった」という猛特訓の成果で判定勝利をもぎとることが出来た。

 一夜明け会見でチャン・リーは「KHAOSというリングに立てて、ようやく格闘技のスタートラインに立てた」と昨日の勝利を振り返り「次の試合で勝たないと昨日の勝ちもマイナスになる。次が決まるまで怖い夢を見ながら練習を頑張ります(笑)」と次戦に向けて語った。

チャン・リー
「昨日はありがとうございました。このような大きな舞台に立てたこと、テキサス選手と戦えたことに感謝と光栄な気持ちでいっぱいです。試合は練習していたことを出し切れたなと感じました。その中で課題や反省はあるんですけど、基礎体力や泣きながら山道を走ったり、そういう底辺のところの練習が最後の勝利につながったかなと思います。

 今回は本当に練習がきつくて、泣くくらいしんどくて、次の練習が怖くて、誰かに追いかけられる夢を見るくらいでした(苦笑)。そのくらい今回のチャンスにかけていましたし、KHAOSというリングに立てて、やっと格闘技のスタート地点に立てたのかなとうれしく思っています。
(周りの反響は?)1年半ぶりくらいの勝ち試合だったので、みんな喜んでくれました。ジムの人たちも家族の時間を割いて練習に付き合ってくれて、喜んでくれていました。ただ『まだまだあれじゃ勝っていけない』と言われたので、次に向けて頑張りたいです。

 昨日は勝つことが出来ましたけど、次の試合が重要だと思います。次で勝たないと昨日の勝利はマイナスになっちゃうので、次の試合が決まるまで怖い夢を見ながら一生懸命練習しようと思います。昨日は応援ありがとうございました。もっともっと練習して強くなります。応援よろしくお願いします」