2018.08.30

 8月30日(木)大阪・摂津にある月心会にて、9月30日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.93」の[Krushスーパー・ウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者ジョーダン・ピケオーと対戦する挑戦者・和島大海が公開練習を行った。

“VS日本人無敗”を誇る王者ピケオーの持つタイトルに挑む和島。「2016年7月に僕がKrushで初めて試合をした時(プレリミナリーファイトで神保克哉にKO勝利)のメインイベントがピケオーと山崎陽一選手のタイトルマッチで、ずっとピケオーのことを目標にしていました。もうピケオーと試合できるんか?って不思議な感じもするし、やっとピケオーと試合が出来ると思うと楽しみしかないです」と静かに闘志を燃やす。

 対戦相手としてのピケオーの印象は「どんどん前に出てくるアグレッシブな選手で、少しでも後ろに下がったらすぐ前に出てくる選手」。そのうえで「下がらないようにしないといけない。一発もらったら危ないのでディフェンスを意識して練習してきた」という。

 さらに同じサウスポーで蹴りを主体とする日菜太がピケオーを追い詰めた試合(※2017年6月、最終ラウンドでピケオーがダウンを奪って判定勝利)を参考にして「あの試合は日菜太選手の蹴りが効いていたと思うし、僕もどんどん蹴っていこうと思います。色んな人からアドバイスをもらったのですが、最終的には自分のスタイルでいこうと思う」と蹴りでの打倒ピケオーを宣言。公開練習ではサウスポーから繰り出す強烈な左ミドルとヒザ蹴りを披露した。

 和島がピケオーに勝てば、プロとして初めての王座戴冠となる。「初めてのベルトで初めてのタイトルマッチ。今の自分の力で思いっきりぶつかっていきたい」と正面突破での王座奪取を誓う和島は「スーパー・ウェルター級は日本人が少ないので、今回しっかり勝って強い外国人選手と戦っていく。またKrushチャンピオンとして12月のK-1大阪大会に出たい」と今後の目標を語った。

 最後に和島は「しっかり前に出て手数を出して、倒して勝ちたい」とファンにメッセージ。和島はピケオーの牙城を崩して、Krushのベルトを手に入れることが出来るか?