2018.08.24

 9月1日(土)東京・新宿FACE「KHAOS.6」の[KHAOS ROYAL/KHAOSスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]に出場する鈴木宙樹のインタビューを公開!(KHAOS ROYALは大会前日の公式計量後に対戦相手を決める試合形式)

──今回の「KHAOS ROYAL」の試合オファーを受けた時の心境はいかがでしたか?

「僕はKrushでプロデビューして、Krushで2試合やらせてもらったのですが、どちらもイマイチの試合をしてしまいました。それからREBELSで試合を続けて、倒せるようになりました。Krushと同じK-1 JAPAN GROUPのKHAOSで試合が決まったので、めちゃくちゃいいチャンスだと思います。ここで勝っていいアピールをしたいと思います」

――KHAOSというイベントにはどんな印象を持っていますか?

「今までずっと後楽園で試合をしてきたので、新宿FACEは初めてです。新宿FACEは会場が小さい分、圧迫感があると思いますが、後楽園の試合に慣れているので、いつも通りに動けると思います」

──大会前日に対戦相手が抽選で決まる形式=KHAOS ROYALでの試合ですが、それについてはいかがですか?

「めちゃくちゃ面白いなと思います。出場選手のメンバーを見ても誰にも負けない自信はありますし、誰と戦ってもKOする自信があります」

――大会までにどんな練習を続けていますか?

「誰と当たってもいいように倒せる練習・倒す練習をしてます。インパクトを残すためにも倒す練習をして、倒して勝ちたいと思います」

――鈴木選手が格闘技を始めたきっかけは何だったのですか?

「僕はお父さんがペルー人で、生まれたのもペルーなんですね。それで4~5歳の時に日本に住むようになって、無理矢理、お父さんに伝統派空手をやらされたのがきっかけです(笑)」

――お父さんが空手の経験者なのですか?

「いえ、そういうわけではないです。ただお父さんは格闘技が大好きで、自分も小さい頃からK-1を見ていたので、その流れだと思います。最終的に空手は20歳くらいまで続けていて、最初は嫌々やっていたのですが、段々と空手が好きになったんですよね。その中でいつかは格闘技で食べていきたいと思ってキックボクシングを始めました」

――鈴木選手はKHAOS ROYAL出場選手の中で、ここだけは他の選手に負けないと思っている部分はどこですか?

「誰よりも目立ちたいし、いいチャンスだと思うので、インパクトを残して倒して勝ちたいです」

――今回の試合で自分のどこをアピールしたいと思いますか?

「倒す力ですかね。KOを狙う力を見せられたらいいなと思います。また自分はREBELSやクロスポイント吉祥寺を背負うつもりですし、絶対に負けられないと思います」

――これからの格闘家としての目標を聞かせてください。

「同じジムの日菜太さんが大きい目標なので、少しでも追いつけるように頑張っていきたいです。そのためにも今回しっかり勝って次につなげていきたいです」

 

選手登録