2018.08.24

 9月1日(土)東京・新宿FACE「KHAOS.6」の[KHAOS ROYAL/KHAOSスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]に出場する中條弘之のインタビューを公開!(KHAOS ROYALは大会前日の公式計量後に対戦相手を決める試合形式)

──今回の「KHAOS ROYAL」の試合オファーを受けた時の心境はいかがでしたか?

「オファーを受けてうれしかったですね。即答で『出ます』とお願いしました」

――KHAOSというイベントにはどんな印象を持っていますか?

「僕はBigbangを主戦場にしていて、あまりBigbang以外には出たことがないのですが、とても素晴らしいイベントだと思います」

──大会前日に対戦相手が抽選で決まる形式=KHAOS ROYALでの試合ですが、それについてはいかがですか?

「とても面白いと思います。出場が決まった時からワクワクしているので、試合当日が楽しみです」

――大会までにどんな練習を続けていますか?

「出場選手の映像はあると思うので、全選手の動きは頭に入れて練習しようと思います。ただ基本的に僕はあまり対戦相手の映像は見ないので、いつも通りにやる感じです」

――中條選手が格闘技を始めたきっかけは何だったのですか?

「高校までサッカーをやっていたのですが、サッカーを辞めてから太ってしまって(苦笑)。それでダイエット目的でジムに入ったのがきっかけです」

――実施に格闘技を始めていかがでしたか?

「ずっと団体競技をやってきたので、自分一人でやる格闘技は妥協が出来ないなと思いました」

――中条選手はKHAOS ROYAL出場選手の中で、ここだけは他の選手に負けないと思っている部分はどこですか?

「僕は右ミドルが一番の売りだと思うので、そこを見てほしいです。谷山ジムはタイ人のトレーナーがいて、ミット打ちも蹴りが多いので、それを試合で見せたいです」

――今回の試合で自分のどこをアピールしたいと思いますか?

「やっぱり蹴りの威力ですね。僕の蹴りが当たれば会場中に音が響き渡ると思うので楽しみにしていてください」

――これからの格闘家としての目標を聞かせてください。

「自分はBigbangを主戦場にしていて、Bigbangで戦っている選手として紹介されて気が引き締まりました。Bigbangを代表して頑張りたいですし、K-1・Krushにも出ていきたいと思います」

 

選手登録