2018.08.19

 8月19日(日)愛知・アイリス愛知にて「Krush.92~in NAGOYA~」の一夜明け会見が行われた。

 地元・名古屋でのKrushで第1試合を務め。KAZUNORIとのアグレッシブな打ち合いの末に勝利して会場を盛り上げた倉崎昌史。一夜明け会見では「昨日は第1試合ということで、KO出来なかったのは凄い悔しいですけど、一番バッターとしての最低限の仕事はできたかなと思ってます」と試合を振り返る。

 質疑応答でKrush名古屋大会に対する想いを問われると「やっぱり地元ですし、いつも応援してくれてる人たちもかなり会場まで応援に来てくれます。もちろん東京の試合でも気合いは入るんですけど、それ以上に名古屋Krushへの想いは自分の中ではすごく強いです。そういったところでも最低限勝って、盛り上げることは自分の仕事だと思っています」と“激闘男”らしい熱いコメントを残す。

 同席した佐藤嘉洋・大会実行委員長は「最後は熱くなった部分があったかもしれないけど、序盤はいつもよりパンチとキックを冷静に使って戦っていて成長した部分もあった。もともとどんな格上でもひるまずにガンガン行くタイプなので、冷静さを兼ね備えたらもう一段階上にいける選手になれると思う」と倉崎の成長と今後の活躍に期待。

 倉崎自身「本当は昨日しっかりKO勝ちして、マイクで12月のK-1大阪大会の出場をアピールしたかった」とK-1大阪大会への出場を希望しつつ「いただいたオファーをしっかりと1つ1つ受けて、自分らしい熱い試合をやるのはもちろん、もっと自分のレベルを上げてしっかり倒しきれるようにしていきたいなと思います」と今後の目標を語った。