2018.08.19

 8月19日(日)アイリス愛知にて「Krush.92~in NAGOYA~」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の試合がKrush2戦目となった玖村修平は大阪の山脇魁斗と対戦。互いにシャープな攻撃を繰り出すテクニカルな攻防となったが、佐藤嘉洋・大会実行委員長曰く「山脇選手もすごく良い選手で技術レベルに差はなかったのですが、玖村選手には身体の強さや地力があって、少しずつ差がついて最後は明確な差がついた」試合展開で、玖村がKrushで連勝を飾る結果となった。

 会見で玖村は「名古屋のお客さんの熱が凄くて気合いが入りました。倒せなかったのは悔しいですけど、勝てて良かったです」と挨拶。

「ボディとかローが効いていたのは分かったんですけど、綺麗に戦おうとしすぎて、倒すまで至りませんでした」と反省点をあげつつ「前回は相手がガンガン出てきて距離が近くて、相手の距離になる場面もあった。でも今回は自分の距離を守って、相手にプレッシャーをかけて、自分の距離とペースでやれたかなと思います」と収穫もあり「本来の自分は荒くてガンガン倒しに行くスタイルができるので、次からはどんどん倒せるように荒さも見せられるようにしたいです」と次は“倒す”スタイルを見せると誓った。

 今年の目標として12月のK-1大阪大会への出場を熱望している玖村は「本当は倒してマイクでアピールしようと思ったんですけど、僕は大阪出身で12月のK-1大阪大会に出ると決めています。今までは若い選手と戦ってきたんで、次は名前がある強い選手や上の選手とやりたいと思います。お願いします!」と大阪大会で強豪との対戦を希望。

「前回はKrush初参戦で宮田(充プロデューサー)さんからTwitterのフォローが返ってきてうれしかったです。そして今回も佐藤さんがフォローを返してくれてうれしかったです(笑)。来年の名古屋大会にも出たいですし、僕は甘いものが好きなので甘いものをいっぱい食べようと思います!」とファンにメッセージを送る。
 ちなみに佐藤実行委員長によると「自分の周りの女性ファンの間で一番人気だったのは玖村選手。かっこよくてやさしかったということで、これからも女性ファンをたくさんつけてください!」とのこと。玖村自身も「名古屋のファンはみんな温かったし、東京で試合するよりも声をかけてもらいました」とKrush名古屋大会初参戦にしてファンのハートを掴んだようだ。