2018.08.19

 8月19日(日)愛知・アイリス愛知にて「Krush.92~in NAGOYA~」の一夜明け会見が行われた。

昨日の第3試合で泰斗と対戦した川崎真一朗。互いに連敗中という“絶対に負けられない戦い”を見事にKOで勝利して待望の白星を掴んだ。一夜明け会見では「家に帰って映像も見たんですけど、自分でも笑ってしまうぐらい動きが固くて反省する部分が多かったです。KOで勝ったというのは1つ良いポイントでありますけど、課題が残る試合でした」と反省気味に試合を振り返る。

 この試合を「今大会の裏メイン」と評していた佐藤嘉洋・大会実行委員長は「記者会見で2人の言葉を聞いて、リングに上がった時もリングサイドから見てましたけど、やっぱり気合の入り方が違った。試合単発で見たらあまり感じるものがない人もいたかもしれないですけど、諸々の記者会見を含めて見れば、僕は昨日のMVPは川崎選手にあげたいぐらいです」と川崎に最大限の賛辞を送る。

 さらに「昨日の試合はJリーグで言えばJ1・J2の降格決定戦のような試合。本当に生きるか死ぬかのところで、人間同士の勝負を見せてくれたと思います。勝つか負けるか、本当に勝負の残酷さを感じた試合で、生き残ったのは川崎選手で、死んだのは泰斗選手。そういう感じでもの凄く心に響いた試合でした」と2人の勝負が生み出したコントラストに深い感銘を受けた様子だった。

 佐藤実行委員長の賛辞を聞いた川崎は「嬉しいですけど…どうですかね(苦笑)」と少し戸惑いつつも「ライト級(-62.5kg)は今度のK-1でも林健太選手とか(安保)瑠輝也選手とか強豪が沢山いるので、そこに食い込んでいけるように一つずつ勝っていきたい」と今後の目標を語り、「昨日は応援ありがとうございました。僕の好きな言葉で“勝って驕るな、負けて卑屈になるな”というものがあるんですけど、その通りに1つの勝ちに驕らず、しっかり一歩一歩前に進んでいきます」とファンに向けてメッセージを送った。

川崎真一朗
「家に帰って映像も見たんですけど、自分でも笑ってしまうぐらい動きが固くて反省する部分が多かったですね。KOで勝ったというのは良いポイントでありますけど、課題が残る試合でした。(KOに至る場面のプロセスはどうだった?)今回の試合はあんまりそういうこと関係なく、気持ちで戦ってたんで。ほとんど何も考えずに戦ってました。

(佐藤実行委員長から“裏メイン”と言われていたことについて)佐藤さんからそう言ってもらって、純粋に凄い嬉しかったですね。佐藤さんは僕はずっとテレビで見ていたんで、テレビの中にいた人にそういうことを声をかけていただくというのは、凄く感慨深いものがあります。(連敗脱出について)まあ嬉しいですけど…3連敗して1勝なんで、特に何も思ってないですね。

(佐藤実行委員長からはMVP発言もあったが?)嬉しいですけど…どうですかね(苦笑)。(これからの目標は?)ライト級(-62.5kg)は今度のK-1でも林健太選手とか(安保)瑠輝也選手とか強豪が沢山いるので、そこに食い込んでいけるように一つずつ勝っていきたいと思ってます。(ファンへメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。僕の好きな言葉で“勝って驕るな、負けて卑屈になるな”というものがあるんですけど、その通りに1つの勝ちに驕らず、しっかり一歩一歩前に進んでいきます」