2018.08.19

 8月19日(日)アイリス愛知にて「Krush.92~in NAGOYA~」の一夜明け会見が行われた。

 4年連続の名古屋大会出場で、スーパー・フェザー級に一時代を築いた山本真弘を2RKOで撃破した大岩龍矢。会見の冒頭では「試合後も興奮していて寝れませんでした。昨日の試合は今までで一番プレッシャーがすごくて、地元の後援会が2カ所で盛り上げてくれていて、試合前から2カ所で祝勝会をやると言われていました(苦笑)。プレッシャーはあったんですけど、勝たないといけないから燃える部分もあるし、ああいうKO勝ちが出来て最高の気持ちです。とにかく今はホッとしています」と安堵の表情を浮かべる。

 質疑応答では「昨日は3時~4時くらいまで祝勝会が続いて、祝勝会が終わって初めて携帯を見て、みなさんに連絡を返したり、エゴサーチをしたりして朝まで過ごしていました。基本的に褒めているコメントしか頭に入ってこないんですけど(笑)、そういう言葉を見て気持ちよかったです」と大岩。山本から前日会見で「必殺技を用意している」とプレッシャーをかけられたことに触れ「実はあれでかなり動揺してしまいました。ああいうプレッシャーのかけ方もあるんだなと思った」と打ち明ける。

 しかし試合そのものは「山本選手が動き回る選手だと分かっていたので、ローキックを思い切り蹴って足を止める。そこから上(顔)で倒す練習をしていた」という練習通りの試合で「作戦がドンピシャリでハマった感じです」と満足気。同席した佐藤嘉洋・大会実行委員長も「サウスポーにはインローが有効なのですが、致命傷になることは珍しい。でも大岩選手は思い切りインローを蹴って、3発くらいで明確なダメージを与えていました」と大岩の進化を評価した。

 これで大岩は今年に入って4戦4勝(2KO)となり、試合後には島野浩太朗の持つKrushスーパー・フェザー級王座への挑戦をアピール。一夜明け会見でも「今年はベルトを巻くと決めて、試合が終わったら『すぐに試合をしたい』と言って試合を組んでもらって、4試合やって全て勝ってきました。今回も大きな怪我はないし、すぐにでも試合がしたいです。タイトルマッチのチャンスが欲しいし。早くベルトを巻きたいです」とタイトル戦をアピールした。

 このアピールを受けて宮田充プロデューサーは「佐藤実行委員長も言っていましたが、しっかり相手を型にはめて倒して勝ってのアピールで、色々と調整もあるのですが(大岩の王座挑戦は)考えてもいいかなと思います。9月のKrush後楽園大会で安保璃紅選手とレオナ・ぺタス選手の試合も決まっていて、島野選手のコンディションあり気ですが、年内にはヤマを作ることが出来るかなと思います。大岩選手がダイレクトで挑戦するのか。それとも挑戦者決定戦を組むのかを早急に考えたいですが、昨日の勝利で大岩選手はグッと前に出たかなと感じています」とコメント。選手層の厚いスーパー・フェザー級だけに今後の動向が気になるところだが、大岩がタイトル戦線で一歩リードしたことは確実だ。