2018.08.06

 8月6日(月)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.91」の一夜明け会見が行われた。

 昨日のダブルメインイベント第1試合で王者・中澤純とのスプリット判定にもつれ込む接戦を制して新スーパーライト級王者となった篠原悠人。一夜明け会見であh「試合のペースも3Rを考えて戦って、最後までしっかり集中を切らさずに戦えたのが良かったかなと思います」と中澤戦を振り返る。

 さらに篠原は「K-1甲子園を-65kgで獲って、その流れでプロでも-65kg(ス―パー・ライト級)でやってきたんですけど、いつも減量が2~3kgしかない。色んな相手とやってきましたけど、相手の身体が大きく感じるし、みんなもっと減量してやっているのでライト級(62.5kg)に落として、自分がどれだけいけるか試してみたいと思う」とKrushのベルトを保持しつつ、ライト級へのチャレンジにも意欲を見せる。

 これを聞いた宮田プロデューサーは「Krushに上がる場合は原則(スーパー・ライト級の)防衛戦になりますが、例えばK-1であればライト級だったり、海外だったら63.5kgでやってみるのもいいのかなと思います」と篠原のライト級挑戦を後押しする意向を示した。

篠原悠人
「去年このベルトを獲るつもりでトーナメントに挑んだんですけど、そこで中澤選手に負けてから、このベルトのことだけを考えてずっと練習・試合をしてきました。そこから5連勝して、昨日はリベンジという形でベルトを獲れたんで良かったかなと思います。(試合後はどのように過ごした?)タイトルマッチということをあまり気負い過ぎずに戦おうと意識していたので、獲った後もあんまり実感が沸かないですね。

(試合が終わった後の周りの反応は?)やっぱりいつもの試合よりみんなおめでとうと言ってくれたり、影響は大きかったですね。(勝敗を分けたポイントは?)試合をペースも3Rを考えて戦ってたんで、今までだったら自分から行っていたところもペースを考えてやって、最後までしっかり集中を切らさずに戦えたのが良かったかなと思います。

(一晩経ってチャンピオンとしての気持ちは出てきた?)そこまで変わらないですけど、チャンピオンになったらこれからの試合で責任も問われてくると思います。そこはしっかり受け止めて、これから試合をしていきたいと思います。(どんなチャンピオンを目指す?)スーパー・ライト級は選手が多いし、強い選手も多いと思うんで。その中でKrushのベルトを巻けたことは大きいと思います。でもずっと言ってきたことですが、ここからスタートだと思うので、ここからチャンピオンとしてKrush・K-1でもっと活躍していけたらいいなと思います。

(今後の試合について)K-1甲子園を-65kgで獲って、その流れでプロでも-65kg(ス―パー・ライト級)でやってきたんですけど、いつも減量が2~3kgしかない。色んな相手とやってきましたけど、相手の身体が大きく感じるし、みんなもっと減量してやっているのでライト級(62.5kg)に落として、自分がどれだけいけるか試してみたいと思います。(ファンのみなさんへのメッセージは?)Krushのベルトを獲ってからがスタートやと思っていたんで、こっからチャンピオンとしてKrush、K-1でもっと活躍していけるように、もっと強くなるんで応援よろしくお願いします」

 篠原のKrushスーパー・ライト級王者としての試合はもちろん、ライト級へのチャレンジがどうなるかも注目だ。

 なお宮田プロデューサーはタイトルを失った中澤についても言及。「試合後の中澤くんはショックを感じていましたが、タフな精神力がある選手です。これまでも敗れたあとにカムバックして良い試合をしてくれたので、次の試合もすぐに決めたいと思います」と語っている。

 

選手登録