2018.07.01

 7月1日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.89」の一夜明け会見が行われた。

 第4試合で玖村修平(兄)が小倉尚也に、第5試合で玖村将史(弟)が亀本勇翔に判定勝ちを収め、スーパー・バンタム級戦線で揃って勝利をあげた玖村兄弟。今回がKrush初参戦となった兄・修平は「Krushのリングは戦っていて凄く気持ち良かった」と試合を振り返り「ルールはまだ若干不慣れなところはあるけど、このルールの方が自分の得意な膝蹴りやハイキックが活かせる」と次戦に向けて手応えを感じていた様子。

 一方、これでKrush3連勝となった弟・将史は「一発で倒そうとし過ぎて力んでしまった。自分がKOしないといけないと思って、焦ってしまったので兄より先に試合したかったです(笑)。でも別々に試合をするより兄弟一緒に試合をして勝つことができて良かった」と兄弟ファイターらしく語った。

玖村修平
「Krush初参戦で兄弟で試合ということもあって力んでしまって、自分らしくない戦い方になってしまいました。何とか2人で勝てて良かったと思います。(試合を振り返って)相手の小倉選手がタフで、正直すぐ終わるかなって思ったんですけど、気持ちがどんどん前に出てきて。ちょっとそこに飲まれかけた部分もあったんですけど、何とか自分のスタイルで通せたかなとは思います。

(Krushのリングに上がって、Krushの雰囲気やルールはどうだった?)試合会場にはずっと来て見てたいんですけど、やっぱり満員で凄い盛り上がってる会場だなと。実際にリングに上がったらまた全然違って、その分緊張もしましたけど、戦っていて凄く気持ち良かったです。ルールはまだ若干不慣れなところはあるんですけど、自分的にはこっちのスタイルの方がやりやすいというか、自分の得意なヒザ蹴りやハイキックが活かせるんで、このルールが僕には向いてるなと思います。

(弟・将史の試合を見た感想は?)僕が先ににバン!と倒して、足を組みながら余裕で見とこうと思ってたんですけど(笑)、思ったより接戦になっちゃって、途中でちょっと気持ちが折れかけた時に『ヤバイ、次弟に持ってかれる』と思って踏みとどまりました。そのあとに試合を見てたんで、すぐに倒して欲しいって気持ちもあったんですけど、倒して欲しくないなって気持ちもあって、ちょっと複雑な思いで見てました(苦笑)。

(兄弟で戦った感想は?)兄弟でやってるので反響も大きいですし、ずっと毎日一緒に練習をして、温泉とかも一緒に行ったりしていて、お互いに高めあって頑張ってきたんで、一緒に勝ててとりあえずほっとしてます。

(これからの目標は?)宮田プロデューサーからTwitterのフォローが返ってきてなかったんで、昨日の試合が終わって返ってきて、1つ目標を達成できました(笑)。あとはKrushのベルトもK-1のベルトも欲しいんですけど、僕はK-1のリングに上がりたくて上京したので、さいたまでも大阪でも出れる試合はどんどん出て、強い相手と戦っていきたいです」

玖村将史
「昨日はチームキングスから3人出たんですけど、僕の前の2人とも判定勝ちだったんで、僕も一発で倒そうとし過ぎて力んじゃいました。内容は自分的に納得してないですけど、とりあえず勝てて良かったです。(試合を振り返って)亀本選手は凄い上手かったです。しっかり対策もしてきてた感じがあったんで、思ったより苦戦しました。(苦戦した中でも勝てた要因は?)向こうもカウンターを狙ってきていた感じがあって、全然前に来なくて。あとは最後にローブローをもらっちゃったけど、その後しっかり攻められたのが勝てた要因だと思います。

(兄・修平の試合を見た感想は?)僕は自分の試合前だったんで試合を終わってから見たんですけど、試合の途中にセコンドの人がちょっと効いてるみたいな感じで言ってて、実際に効いてたかは分かんないですけどちょっと焦りました。それでちょっとヤバイんちゃうかなって思ってて、それもあって自分がKOしないといけないと思って焦りましね。なんで兄より先に試合したかったです(笑)。

(兄弟でKrushを戦った感想は?)兄と同じ日に試合で、同じ階級で落とす体重も同じぐらいなんで、兄より減量楽にしてやろうと思ってたんですけど、同じ練習をして、同じようなご飯も食べてるんで、体重もずっと全く同じぐらいでした(笑)。別々に試合をするより一緒に勝つ方が良かったんで、次は12月のK-1大阪大会に玖村兄弟で一緒に出て盛り上げたいなと思ってます。

(これからの目標は?)まずKrushのベルトを巻きたいですね。そこから12月にK-1大阪大会に出て、その次は来年の3月に『K'FESTA.2』があるんで、そこで武居由樹選手とタイトルマッチをやりたいと思ってます」