2018.07.01

 7月1日(日)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.89」の一夜明け会見が行われた。

 兄・安保瑠輝也と共に「team ALL-WIN 」を立ち上げ、約9カ月ぶりにKrushのリングに立った元スーパー・フェザー級王者の安保璃紅。3月の「K'FESTA.1」で闘士にKO勝利した覇家斗と対戦し、Krushらしいスピーディかつ激しい打ち合いを展開し、判定で勝利を収めた。

 一夜明け会見では「試合が終わると緊張感もなくなって自然と笑顔が出ちゃう」とリラックスした表情を見せ「昨日は自分の中で“試合を楽しむ”というテーマを決めていて、それが出来たと思う」と再起戦を終えた心境を語った。

 昨日の大会ではかつて自分が保持していたベルトをかけて郷州征宜と島野浩太朗が対戦し、島野が新王座に就いた。「島野選手は強いと思いますが勝つ自信がある」と王座返り咲きも視野に入れつつ「これからは自分の存在を知ってもらいたい。トレーナーから筋肉の付き方が綺麗と言われているので、チャンスがあったらベストボディジャパンに出てみたい」という意外(?)な目標も打ち明けた。

「(一夜明け会見は)緊張感もなくなって自然と笑顔が出ちゃうんですけど(笑)、欲を言えばKOしたかったし、KOを見せたかったと心の底から思っています。でも新しいチームとして大きな一勝をあげられたことはうれしいです。

 試合をするのが久々だったんで、自分の中で“試合を楽しむ”というテーマを決めていて、それがマジで出来たなって思います。ラウンドを重ねるごとに試合が楽しくなっていて、僕はうる覚えなんですけど、インターバル中にセコンドに『見とけよ!』と言ってたらしいです(笑)。自分はスイッチが入ったら、そうなっちゃうんですけど、それも自分の良さだと思うし、そういう試合を見せられなかったなと思います。

(覇家斗の印象は?)フィジカルも気持ちも強くて、なかなか倒れてくれなくて。そこは自分の課題でもあったと思うし、すごく(覇家斗の気持ちが)伝わってきました。(久々のKrushのリングはどうだった?)いい具合の緊張感で出来たし、Krushは最高だなって思いましたね。(スーパー・フェザー級のタイトルマッチの感想は?)まさにKrushという試合でしたね。気持ちの入った試合、めちゃくちゃいいものを見せてもらいました。でもあそこに僕が入ったら面白いと思います。

(新王者の島野の印象は?)自分は郷州選手に負けているんですけど、その郷州選手に勝ってチャンピオンになった島野選手はすごい強いと思います。実際にやってみないと本当の強さは分かりませんが、見てもらっても分かる通り、技術では自分の方が上だと思っています。勝負するところの違いで結果が変わってくると思いますが、全然(島野に勝つ)自信はあります。

(今後の目標は?)自分はまだK-1に出たことがないので、K-1に出たいと思いますし、もっと目立って安保璃紅という存在をたくさんの人に知ってもらいたいです。(格闘技以外でアピールしたいところは?)ベストボディジャパンに出たいです。トレーナーさん曰く、僕は筋肉の付き方が綺麗らしくて『いけるんじゃないかな?』と。今回、減量方法や食べるものも考えて楽に体重を落とせて、ボディメイクも楽しいなと思うようになりました。だからチャンスがあったらコンテストにも出てみたいです(笑)。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)今回の勝利は僕たちのチームにとって大きな勝利でしたが、もっともっと上目指していくんで応援よろしくお願いします」