2018.06.29

 6月29日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.89」の前日計量・記者会見が行われた。

 明日の第4試合・第5試合にはスーパー・バンタム級のワンマッチが並んだ。Krush初参戦の玖村修平とKrush参戦以来2連勝の玖村将史の玖村兄弟(兄=修平、弟=将史)が、小倉尚也(vs修平)、亀本勇翔(vs将史)とそれぞれ対戦する。

 他団体でチャンピオンになり、Krushには今回が初登場となる修平は「明日はKrush初参戦なのでしっかりインパクト残して勝ちたい。僕は今までムエタイルールで試合をしてきたので、そのスタイルにKrush向きに新しいことを色々取り入れてきました。今までのムエタイルールで学んだ蹴りなどをしっかり活かしてKrushに新しい風を吹かせたいと思ってます」と鮮烈デビューを予告。

 対する小倉は「体重もすんなり落ちてコンディションも良いので、明日良い勝負が出来ると思います。僕は3R通して最後はKO出来るように仕上げてきたので、それを明日見せられれば良いなと思ってます」とKO勝ちを宣言した。

 そして亀本と対戦する将史は「今回は今までで一番仕上がったんで、明日は試合が始まってからの方が力の差が出ると思います。明日はパンチでも蹴りでも兄より派手に倒すことを意識して練習してきました」と亀本、そして兄への対抗心を燃やす。

 対する亀本は「今回周りのサポートもあってバッチリし上がったんで、明日は“いっちゃってる”試合が出来たら良いなと思います」と調子の良さをアピールすると「明日戦う将史選手もそうですけど、いずれはお兄ちゃんも倒して兄弟2人ともぶっ倒してやろうと思ってます」と兄弟狩りを通告する。

 すると弟・将史は「選手はみんな勝つために練習してるんで『倒す』って言うのは当然なんで。まあでも自分には勝てないと思います」と返し、兄・修平も「僕とやる前に多分明日弟にぶっ倒されると思うので」と意に介さず。

 逆に兄弟で同じ日に試合することについて「僕の方が試合が先なので、派手な倒し方して弟にプレッシャーかけたろかなって思ってます(笑)」(修平)「兄は他団体のチャンピオンだったんですけど、『弟の方が強いやんけ』って思われるような試合をしたいです」(将史)と兄弟間でライバル心をのぞかせた。最後に4選手はそれぞれ以下のようにファンにメッセージを送った。

玖村修平
「自分はKrush・K-1に出るために格闘技をやってきて上京してきました。誰よりもこの試合にかける想いは強いと思うので、明日は3つのタイトルマッチを超えるインパクトを残したいと思います」

小倉尚也
「自分も明日の試合にかなりかけてきたので、その覚悟が試合で出ればいいと思います。あとは自分を信じてリングに上がりたいと思ってます」

玖村将史
「僕はこの階級の価値を上げたいと思っています。そのために明日も含めて、これからの試合でどんどん強い相手を倒していって、自分がこの階級の絶対チャンピオンになろうと思ってます」

亀本勇翔
「この試合というか、僕はこの格闘技人生にかけてるんで、その気持ちは誰にも負けないし、明日も一番レベルの高い試合をして勝ちたいと思います」

 スーパー・バンタム級戦線で勝ち上がるのは果たして誰か!?