2018.06.28

 6月28日(木)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、8月5日(日)「Krush.91」後楽園ホール大会の追加決定カードが発表された。

 昨年のK-1甲子園-65kgで準優勝を果たし、プロのリングでは3戦3勝(1KO)と無敗の瑠久(るーく)が今大会に登場。対戦相手の安東雅喬は今回がKrush初参戦で、戦績は19戦11勝(6KO) 5敗3分 。第2代K-1フェザー級王者になった村越優汰と同じ湘南格闘クラブから参戦するファイターだ。

 会見では「横浜で超いい波に乗っている」と挨拶した瑠久が“ノリノリ”なコメントを連発。「(安東の印象は)おじさん。だいぶマスターズな感じ。今回もしっかり沈めて“おじさん退治”していく(※瑠久は19歳、安東は30歳)」「自分の爆発力を活かしてパンチでボコボコにする」と強気に語る。これに対して安東も落ち着いた口調ながらも「マスターズはマスターズなりにしっかり見せつけて、初黒星をつけます」tと意地をのぞかせた。

瑠久
「最近横浜で超いい波に乗っている瑠久です。今回もKrushに選んでもらってマジ嬉しいです。早く後楽園ホールでノリノリな入場して、ノリノリな試合をして、2Rで終わらそうと思います。(対戦相手の印象は?)おじさん。だいぶマスターズかなって感じなんで。ウェルター級の強い選手は自分から見たら、みんなおじさんなんで、今回もしっかり沈めて“おじさん退治”していこうかなと思います。(前回もキャリアが上の相手との対戦だったが?)自分はキャリアが上とか何とも思ってなくて、リングに上がればキャリア関係なしにぶっ壊しに行くスタイルで、2Rでパンチで沈めてやろうと思うので注目お願いします。

(なぜ2RKO?)1Rから倒しに行くと力んじゃうんで、1Rは様子を見てからのRあたりで沈めようかな、と。最近自分は判定勝ちばっかりで満足してないんで、2Rで倒すつもり…じゃなくて倒します。(同じ日にタイトルマッチもあるが?)戦いたいのは木村選手。自分がずっとテレビで見ていて、少し憧れていた部分もあったんで。でももう憧れじゃなくて食っていくつもりで、いずれ戦える相手になろうと思います。そのためにもしっかり勝ってアピールしたい。(勝敗予想は?)木村選手はかなりいけてるんで、1Rで倒してくれると思います。自分も同じ日に試合ですけど、自分が一番この試合を楽しみにしているかなと思います。(ファンのみなさんへのメッセージは?)2Rで自分の爆発力を活かしてパンチでボコボコにします」

安東雅喬
「瑠久選手はとてもいい選手だと思いますが、僕が初黒星をつけようと思います。しっかり決着をつけたいと思います。(Krush初参戦について)今までとは違う舞台なので、気持ち的には新たな気持ちになるので、いい試合を見せられたらいいなと思います。ぜひ自分も村越選手に続いていきたいと思います。(対戦相手の印象は?)マスターズはマスターズなりにしっかり見せつけたいと思います。ここはしっかり勝ちたいので、たくさん相手の映像を見て対策を練って、倒しに行きたいと思います。

(瑠久はかなり強気なコメントを残しているが?)瑠久選手は勢いもあるし、回転も速いので、そこに飲まれないように自分は自分の戦い方でいきたい。(同じ日にタイトルマッチもあるが?)どちらもとてもいい選手なので、どちらともやってみたいと思います。(勝敗予想は?)木村選手がKOで勝つか。塚越選手が判定勝つかだと思います。(どちらか?と聞かれて)…う~ん、木村選手ですかね。(ファンのみなさんへのメッセージは?)マスターズはマスターズなりに見せて、瑠久選手に初黒星をつけたいと思います」

“ノリノリ”瑠久が宣言通りの2RKO勝利を収めるか? それともK-1フェザー級王者・村越優汰の同門&初参戦の安東が瑠久に初黒星をつけるか?

 

選手登録