2018.05.14

 5月26日(土)東京・新宿FACEで開催される「KHAOS.5」の[KHAOS of WAR 関東VS関西 5対5 全面戦争/次鋒戦/KHAOSライト級/3分3R・延長1R]で関西・近藤拳成と対戦する関東・東本央貴のインタビューを公開!

──3月の中国・武林風ではKO負けという残念な結果でした。東本選手にとっては初めての海外遠征で、どんな経験を積むことができましたか?

「本当に何も分からない状態で自分と後輩の2人で中国まで行ったんですけど、分からんことだらけで逆に楽しかったですね。試合は負けちゃいましたが、気持ちの作り方はすごく良い感じでいけたんで、今回もそれを継続してやろうと思います」

──今大会では関東vs関西の対抗戦として近藤選手と試合が決まりました。東本選手は関西出身ですが、関東在住ということで関東勢として出場します。最初にオファーを受けた時の心境はいかがでしたか?

「とりあえず早く試合をして前回の負けを払拭したい、早く勝ちたい、勝負に勝ちたい…というのがあったんで、すぐに試合をやろうと思いました」

──なかなか結果を出せずにモヤモヤした気持ちもありましたか?

「モヤモヤしてますね(苦笑)。みんなそうだと思うんですけど、僕は試合に負けて次の試合までの自分がめっちゃ嫌いなんですよね。自分の中で俺は負けたヤツっていう感覚があるんで、早く試合で勝ってそこから抜け出したいです」

──対戦相手の近藤選手にはどんな印象を持っていますか?

「SNSでお兄ちゃん(近藤大成)のことをフォローしてるんで、けっこう(拳成のことを)見てるんですけど、良い選手やなとは思います。その選手にしっかり勝って、まだまだ若いヤツには負けへんぞっていうのを見せたいですね。自分はまだまだ若い選手の挑戦を受ける立場じゃなくて挑戦していく立場なんで、下から来るヤツは徹底的に潰そうと思ってます」

──ファイトスタイル的に噛み合う試合になるという予感もありますか?

「あります。去年の名古屋大会の試合を見たら結構打ち合っていて、自分もすぐ打ち合うんで噛み合うと思います。倒すか、倒されるか。自分はそういう試合をしたらあかんって分かってるんですけど(苦笑)、性格的にやっちゃいそうですね」

──まずは勝つことが第一だと思いますが、ここからの目標を聞かせてもらえますか?

「もちろんKHAOSだけじゃなくKrush、K-1にもどんどん出ていきたいと思うので、今回の試合で自分の名前をしっかりアピール出来たら良いなと思ってます」

──東本選手にとって新宿FACEはプロデビュー戦の場所で、最初に自分の名前を売った場所だと思います。

「新宿FACEは…なぜか落ち着くんですよ。自分としても好きな場所なんで、試合が楽しみです」

──それでは最後にファンの皆さんに向けてメッセージをいただけますか?

「しっかり勝つ準備をして面白い試合を見せるんで、見とってください。お願いします」