2018.04.23

 4月23日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.87」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第4試合で川崎真一朗を鮮やかな左ストレート一発でKOした鈴木勇人。試合後のマイクアピールでは「-65kg(※新表記ではスーパー・ライト級)の強い選手とやっても負ける気がしない」とアピールしていたが、一夜明け会見でも「誰とやっても負ける気はしない」「過去に負けているFUMIYA選手と篠原悠人選手と戦いたい」とトップ戦線への殴り込み、そして篠原・FUMIYAへのリベンジを宣言。会見に同席した宮田充プロデューサーからも「喜んで鈴木くんの気合いが入るマッチメイクを考えたいと思ってます」と同調した。

「昨日は久しぶりのKOで勝つことができてほっとしています。(試合を振り返って)いつも通り自分の得意な左ミドルキックから組み立てようと思ってたんですけど、中々当てづらい距離感にいられて、始めはペースが掴めませんでした。そこでどうしようかなと色々考えてる時に、ちょっとまたローブローをやってしまって…本当に申し訳なく思ってます。

 今回は打ち合いとかパンチの練習も多くしていて、パンチでも自信があったんで、ああいう打ち合いになっても負けないと思いました。あの時(打ち合い)に思いっきりいけて、それで倒すことができて良かったなと思っています。
 
(久しぶりに倒して勝てたことで自信がついた?)倒して勝つのはやっぱ気持ち良いなと思いましたね。自分の攻撃は当たれば倒せるという自信があるし、またさらに感覚を掴めたんで良かったと思っています。(チームメイトから刺激を受けている?)それは凄くありますね。五反田には自分よりも強い選手、上手い選手、キャリアのある選手が一杯いるので、練習しながら色々と教えてもらったりして、練習の中でもどんどん自分が強くなっている実感があります。そういう環境で練習できてるのは凄い刺激になりますし、凄く良い環境だなと思ってます。
(試合後に『同じ階級の強い選手とやっても負ける気はない』と言っていたが?)-65kg、誰とやっても負ける気はしません。まあ過去にFUMIYA選手と篠原悠人選手に負けちゃってるんですけど、自分はあの時より日々強くなっています。今やったらどうなるのかな?というのが興味あるんで(篠原・FUMIYAと))やりたいですね。

(5月大会で篠原とFUMIYAが挑戦者決定戦を戦うが?)凄い悔しい気持ちがありますね。僕は2人に負けちゃってるんで、リベンジして、早くベルトが欲しいなと思っています。(具体的に戦いたい選手は?)やっぱり負けている2人の選手と、あとはKrushのチャンピオン(中澤純)とも試合をしたいなと思ってます。(ファンのみなさんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。次の試合もダイナミックな試合をして、しっかりと倒して勝ちたいと思っています。これからも応援よろしくお願いします」

 鈴木は強豪揃いのスーパー・ライト級で台風の目になることが出来るか?