2018.04.23

 4月23日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.87」の一夜明け会見が行われた。

 -63kg(※新表記ではライト級)タイトルマッチで王者・佐々木大蔵に挑んだゴンナパー・ウィラサクレック。1Rから得意の左ミドルキックでペースを掴むと、3Rに右フックでダウンを奪って判定勝利を収めた。

 試合後、ベルト&キックパンツ姿のまま写真撮影のファンサービスに応じて「着替える時間がなくなって、キックパンツのままジムに帰ったよ」というゴンナパー。会見では「佐々木はパンチが強いからローではなく、腕を潰すためにミドルを蹴る作戦だった」と試合を振り返り、今後の目標としてKrushでの王座防衛、そしてK-1での王座奪取を誓った。

「昨日、ベルトを獲ることが出来て本当にうれしい。試合後はファンの人たちの写真撮影に応じていて、着替える時間がなくなってしまって、キックパンツのままジムに帰ったよ。そのまま祝勝会を開いてもらったんだけど、本当は応援してくれた一人一人と話をして、感謝の言葉を伝えたい。なかなかそういった機会はないけれど、もし三ノ輪のジムに来てもらえるなら、ファンと一緒にパーティをやりたいね(笑)。

(試合展開については?)自分の計画通りの試合だった。佐々木大蔵は良い選手の一人だと思うが、攻撃力を含めてあらゆる面で自分が上回っていたと思う。(どんな作戦を立てていた?)佐々木のパンチが強いのは分かっていたので、ローキックを少なめにして、左ミドルを佐々木の腕に蹴ろうと思った。会長からもそういう作戦だったし、最後はスタミナが切れかかったけど、作戦通りに戦えたと思う。

(Krush王者になったことについて)ずっと成し遂げたかったことを実現できて本当にうれしい。これからKrushのベルトを防衛し、次はK-1でもベルトを獲りたいと思う。ファンのみなさんの期待に応えることが出来たし、ファンのみなさんには感謝している。これからもベストを尽くして戦うし、次はK-1のベルトも狙っていく」

 戦績こそ130戦を超えるゴンナパーだが年齢は25歳。現在進行形で強さを増している新王者の今後の活躍に注目だ!