2018.04.23

 4月22日(日)東京・後楽園ホールにて「Krush.87」が開催された。

 メインイベントでは-63kg王者・佐々木大蔵が2度目の防衛戦で挑戦者ゴンナパー・ウィラサクレックと激突した。試合は序盤から“ムエタイ大魔神”ことゴンナパーが強力な左ミドルを連発。これでペースを掴むと3Rに右フックでダウンを奪う。再開後、佐々木も意地を見せて右ストレートでゴンナパーを攻め込むが、逆転するまでには至らず。ゴンナパーが佐々木を下し、タイ人として初のKrush王座に就いた。

 セミファイナルではレオナ・ペタスがK-1甲子園2016 -60kg王者・西京佑馬にキャリアの差を見せて判定勝利。“蹴撃対決”が予想された第8試合の山際和希vs松岡力の一戦では、松岡がパンチで差をつけて山際から勝利をもぎとった。

☆試合結果詳細はこちら