2018.04.10

 4月10日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、5月17日(木)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.88」の第3弾カードが発表された。

 ヘビー級のワンマッチでBigbangヘビー級王者・愛鷹亮と3連続KO勝利中の杉本仁の対戦が決定。昨年K-1においては王座決定トーナメントが開催され、アントニオ・プラチバット、ロエル・マナートと王者が移り変わっているヘビー級だが、より日本人ヘビー級選手の実力アップをはかるべく、日本人強者2人による一戦がマッチメイクされた。

 愛鷹は現在オランダ・メジロジムで1カ月の武者修行中のため欠席となり、コメント発表のみとなったが、杉本が「先輩の左右田(泰臣)さんが『次の試合をKOで勝ったら宮田さんがKrushのベルトを作ってくれるんじゃないか』と言っていたので、KOで勝ちたい」とベルトの設定をアピール。

 このコメントを聞いた宮田充プロデューサーも「今回が試金石というか、どれだけお客さんを熱くさせるファイトを(ヘビー級の選手たちが)見せてくれるかというところで、機運が高まってほしいのが一番の願い。そうなればおのずと“誰が一番強いんだ?”というファンのみなさんの興味を引く流れになって、そのタイミングでKrushのベルトを作ってもいいんじゃないかというのは当然頭にあります」と応えた。

 会見では「日本のヘビー級を背負っていく覚悟です」という愛鷹のコメントが読み上げられ、杉本からも「去年は3戦3勝3KOだったので、今年もその勢いのまま、まず今年1発目の試合をKOで勝つ」という言葉が飛び出した。

愛鷹亮
「力道場静岡、愛鷹亮です。現在オランダで武者修行中のため会見に参加できず申し訳ございません。5月17日の杉本選手との試合では、オランダでの経験を活かし、残り1カ月は日本で仕上げて必ず勝ちます。日本のヘビー級を背負っていく覚悟です。応援よろしくお願いします」

杉本仁
「今回の試合はジムの先輩である左右田さんに『次の試合KOで勝ったら宮田さんがKrushのベルトを作ってくれるんじゃないか』と言っていたので、ここはKOで勝ちたいと思います。愛鷹選手は体もゴツいですし、パワーもあって迫力のある試合をする印象です。あとオランダに行っているということで、今よりも全然レベルアップして戻ってくると思うので、その愛鷹選手を超えてKOできるよう頑張りたいと思います。

(ヘビー級で意識することは?)やっぱりヘビー級なので一般の人より体が大きいし力もあるので、それに加えてスピードもあるので、スピードがありながらもKO、パワーもあるという試合を自分は心掛けています。去年は3戦3勝3KOだったので、今年もその勢いのまま、まず今年1発目の試合をKOで勝ちたいと思ってます。5月17日の試合は興行の中で一番盛り上がる試合にしたいと思っているので応援よろしくお願いします」

 愛鷹がオランダ修行の成果を見せて日本ヘビー級を引っ張る存在まで駆け上がるか? それとも絶好調・杉本が4連続KO勝利を収めるか?

 

選手登録