2018.03.20

 3月20日(火)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会の前日計量・記者会見が行われた。

 タイトルマッチ会見の第2部にはスーパー・ライト級王者 野杁正明vs挑戦者 大和哲也、ライト級王者 ウェイ・ルイvs挑戦者・卜部功也(※ウェイは再計量のため欠席)、スーパー・バンタム級王者・武居由樹vs挑戦者・久保賢司が登壇した。

 同じ名古屋出身の野杁と大和は「ベルトを巻くのにどちらか相応しいか分かる。試合が楽しみ」(野杁)、「純粋に野杁選手と実力を競えるという気持ちです」(大和)と笑顔でがっちりと握手。対照的にスーパー・バンタム級タイトルマッチでは挑戦者・久保が王者・武居が求めた握手を拒否。「明日は君のために用意された舞台だから倒して勝てるように頑張ってね」と不気味な言葉を投げかけると、武居は「もちろんKOを狙って頑張ります。試合後は握手してください」と苦笑いで語った。

 王者ウェイが再計量のため一人での会見出席となった功也は「いいトレーニングが出来たので、その成果をウェイ・ルイ選手にぶつけたい」と試合に向けて集中力を高めた。各選手のコメントは以下の通り。

野杁正明
「明日は、目の前にあるベルトを巻くのにどちらが相応しいか分かります。僕も楽しみにしていますし、みなさんも楽しみにしてください。(笑顔で握手をかわしていたが?)僕は会見でにらみ合ったりするつもりもないですし、そういう気持ちも一切ありません。大和選手はプライベートでもよくしてくれている先輩なので、それで笑顔になりました」

大和哲也
「いよいよ明日『K'FESTA.1』に出場することになり、タイトルマッチを行うことになりました。K-1、そしてさいたまスーパーアリーナという舞台で野杁正明選手と戦えるということで楽しみな気持ちしかないです。明日はみなさんの印象に残る熱い試合になると思うので楽しみにしていてください。(笑顔で握手をかわしていたが?)試合が発表されてから野杁選手の対策を練ってきたし、いよいよだなという気持ちが強いです。僕はいつも試合前にやってやろうという気持ちはないので、純粋に野杁選手と実力を競えるという気持ちだけです」

武居由樹
「明日のために完璧に仕上げてきて、何の不安もなく明日を迎えられます。明日の選手の中で僕が一番試合を楽しみにしているので頑張ります。(久保の一連の発言を聞いて)もちろん僕はKOを狙うので……はい、打ち合います。(握手を拒否されたが?)試合後は握手してくれたらと思います(苦笑)」

久保賢司
「もし明日、武居君がベルトを守るために、ポイントアウトしようと思ったり、守りに入ったりしたら、K-1のスーパー・バンタム級は終わります。彼に与えられた任務をこのバイキンマンを再起不能にして抹消すること。みんなもそれを期待していると思います。だから彼に伝えたいことは…明日は本気でぶっ倒すつもりで倒しに来い、と。それだけです。明日は君のために用意された舞台だから絶対に倒して勝てるように頑張ってね」

卜部功也
「ここまでいいトレーニングが出来たと思っています。それを明日ウェイ・ルイ選手にぶつけて、僕がベルトを巻きたいと思います。(ウェイが再計量になったことについて)ルールでは2時間以内に落とせば問題ないと思うので、ベストコンディションのウェイ・ルイ選手と戦いたいと思います」

 なお会見終了後に再計量を行ったウェイは規定体重を700gオーバー。すでに汗も出ない状態となっており、K-1実行委員会はウェイ陣営と協議した結果、これ以上の減量行為は健康を害する恐れがあると判断。宮田充K-1プロデューサーは再計量は行わないことを明かし、K-1実行委員会の協議のうえでライト級タイトルマッチがどのような形になるかを公式発表するとした。