2018.02.03

 2月3日(土)都内にて記者会見が行われ、宮田充K-1プロデューサーよりTRY HARD GYM所属選手の試合出場キャンセルおよびK-1スーパー・フェザー級王者・大雅の王座剥奪が発表された。

 宮田プロデューサーによれば、TRY HARD GYMより「契約の合意事項の一方的な破棄を含む不当な要求があった」「この要求が通らない場合は試合に出場しないという主張があった」とし、「TRY HARD GYMによる契約無視の強引な手法は看過することはできない」「今後、関係を継続することはできないという判断に至った」と説明。

 これにより第3代K-1スーパー・フェザー級王者・大雅は王座剥奪となり「K'FESTA.1」3.21さいたま大会への参戦と大雅vs武尊のタイトルマッチは消滅。すでに発表されている同ジム所属選手のK-1 JAPAN GROUP主催イベントへの出場、K-1 JAPAN GROUPを通じて試合が決定していた「Bigbang」2.18有明大会への出場もすべてキャンセルとなった。記者会見での宮田プロデューサーのコメント・質疑応答は以下の通り。

「K-1 JAPAN GROUPのプロイベントに出場している主力ジムの一つであるTRY HARD GYMについてのお知らせがあります。

 昨年末、TRY HARD GYMによる契約違反がございました。その際は話し合いを行いまして、一度は改善の機会を与えて合意のうえで、当社、K-1 JAPAN GROUPを運営しておりますM-1スポーツメディアとの契約関係を継続することとなりました。

 その後、当社はTRY HARD GYMおよび所属選手との契約に基づいて対戦カードを発表して、プロモーションを行って、TRY HARD GYMおよび所属選手も我々が開催する記者会見・プロモーションなどに出席してチケットを販売するなど、大会ごとに準備を進めておりました。

 しかしながら今年に入りまして、TRY HARD GYMから契約の合意事項の一方的な破棄を含む不当な要求がありました。そしてこの要求が通らない場合は試合に出場しないという主張がございました。

 我々は興行という形でイベントを開催しているのですが、法令や契約を遵守してコンプライアンスを徹底することが当社の立場でありまして、TRY HARD GYMによる契約無視の強引な手法は看過することができません。これによってやむをえず(TRY HARD GYMの)試合に出場しないという主張を受けて、我々としても関係を継続することはできないという判断に至りました。

 なお本日の会見に至るまでにTRY HARD GYM代表の河部儀信氏、代表代行を務める河部弘也氏(=HIROYA)に対して話し合いを申し出ましたが、面談及び電話をいずれも拒否されている状況にございます。これにつきまして発表さしあげますと共に、今後については弁護士と相談して法的措置を含め、しかるべき対応をとっていく予定でございます。

 現在発表しております2月12日、Krush後楽園大会でゴンナパー・ウィラサクレック選手と-63kg次期挑戦者決定戦で対戦予定だった瑠輝也選手、並びに3月21日、『K'FESTA.1』に出場予定の大雅選手、この両選手はいずれも出場しない形となります。

 2月12日大会ですが、現時点で大会9日前でございます。公開練習も行い、おかげさまでチケットも前売り段階で超満員札止め・前売り券完売という状況です。大会まで9日間しかないのですが、ゴンナパー選手の相手を探している状況でございます。非常にファンの方々からも期待の高い大会ですので、なんとかゴンナパー選手の対戦相手を見つけたいと思っております。

 そして3月21日の『K'FESTA.1』ではK-1スーパー・フェザー級タイトルマッチとして、チャンピオン・防衛戦という立場で大雅選手は出場を決定しておりました。会見も行っております、ポスターも出来上がって、おかげさまで高い前人気の大会ですが、3月大会にも大雅選手は出場いたしません。これによりまして大雅選手が保持しているK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王座はK-1実行委員会として剥奪とさせていただきます。

 そして挑戦者の立場の武尊選手についてですが、対戦相手が変更になります。現在(大雅に)替わる対戦相手選手を探しております。K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTさんとも話をしまして、この大会には必ず出場します。

 またK-1 JAPAN GROUPの契約選手が出場する形で公式発表されております、2月18日、Bigbangディファ有明大会ですが、TRY HARD GYMより安保璃紅選手、松倉信太郎選手が出場決定しておりましたが、こちらも出場しない形となりました。(Bigbangを)主催する谷山ジム・谷山会長には事情をお伝えさせていただき、了承いただいております。谷山会長には普段からいいお付き合いをさせてもらっているのですが、ご迷惑をかける形となってしまいました。

 今回このような形になりましたこと、K-1 JAPAN GROUPのプロイベント・アマチュアイベントの多くのご協賛の各位、そして試合を報じていただけるマスコミさんもそうですし、テレビ・インターネットのメディア各位、関係各位のみなさま、そしてK-1 JAPAN GROUPを応援して下さるファンの皆様には、この場をかりてお詫びを申し上げます。

 SNS上だったり、今回の件で色々と憶測が飛んだりしております。そういった中で、たくさんのファンのみなさんにご心配・ご迷惑をかけております。我々K-1 JAPAN GROUPとしては今後も今まで通り、ファンのみなさんの期待に応えられるよう、いいイベント作りを目指していきます。スタッフ一同、努力してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。私からの発表は以上でございます。

 弁護士の先生と相談しながらのやりとりですので、お答えできる部分・お答えできない部分がありますが、マスコミの皆さんのご質問を受け付けます」

――SNS上で大雅選手自身がここ数日で、今回の件に関するのではないかと思われるツイートが幾つかあったと思います。この数日で状況が大きく変わったことがあったのでしょうか?

「今回の件で詳細を申し上げられる部分はないのですが、我々が選手と直接向き合うことはありません。あくまでもジムの代表、今回だったらTRY HARD GYMの河部代表、代行のHIROYA選手と向き合っていました。今回の件が大雅選手にどういう形で入っているのか分からないなので、どういう真意で書いているのか分かりかねます。なので対応も出来なかったですし、それで憶測を呼んでいることは確認していました」

――12月上旬に大雅選手と武尊選手の試合が発表されていますが、その時点まではTRY HARD GYMと話は出来ていたのですか?

「そうですね。いわゆるマッチメークをして、試合に合意してもらって。通常のスケジュールで、3月大会は通常よりも早い仕込みで段取りしているので、そこで大雅選手も武尊選手も前向きなコメントを残していたので、自信を持ってPRして、ファンのみなさんにチケットを買っていただいて…という矢先だったので。(TRY HARD GYMからの要求は)今年に入ってからのことでしたし、見切り発車で発表したものではないですし、ジムさんを通じて(話をしました)。マスコミのみなさんにも取材していただいた通り、(大雅)本人も前向きなコメントを出していただいていたので…本当にびっくりしている状況です」

――K-1 JAPAN GROUPでは選手と直接契約しているのですか? それともジムと契約しているのですか?

「そこは契約している…ということでしかお答えできない状況です。ただ、今までたくさんのジム、たくさんの選手たちと同じ契約を行っています」

――言える範囲で構いませんので、TRY HARD GYMからどんな要求があったのでしょうか?

「これはちょっとお答えかねます。申し訳ございません」

――現時点でTRY HARD GYMとは契約破棄には至っていないという状況のでしょうか?

「先ほどもあったのですが、こちらと合意していただいて(試合)成立なのですが、それでも(TRY HARD GYMから)一方的な契約破棄を含む不当な要求がきた、と。それについて、こちらもそうですし、弁護士の先生と相談しながらやっているというところです」

――昨年末にTRY HARD GYMに契約違反があり、一度和解をしたうえで、その後に不当な要求がされたという流れだと思うのですが、その間に宮田さんに思い当たる節というのはあったのでしょうか?

「申し上げにくいんですけど…そこは一度、改善の機会を与えて合意した、と。しっかりやっていこうと。昨年末に話し合いを重ねて、そのうえで瑠輝也選手やBigbangさんのカードも組みました。契約選手を出すことには当然我々にも責任があるので、見切り発車ではないです」

――1月14日の「K-1 AWARDS 2017」にはTRY HARD GYMの選手たちも出席していましたが、その時点では特に問題はなかったのでしょうか?

「『K-1 AWARDS 2017』にはHIROYA選手、安保璃紅選手、瑠輝也選手が出席していました。細かくは言えませんが(問題が起きたのは)そのあとになります。去年、瑠輝也選手はすごくいいKOを見せていたので称えあげたいと思いましたし。昨年末に(TRY HARD GYMの)契約違反があったんですけど、その時点ではしっかり合意のうえで進めていたことだったので」

――大雅応援シートの払い戻しは予定されているのでしょうか?

「今回、非常に注目度が高いタイトルマッチで、大雅選手・武尊選手それぞれファンも多いことから、ぜひそれぞれのコーナー寄りの席を買ってほしいということで、双方のジムさんと合意して応援シートを販売しました。非常によく売れて、たくさんの方に買っていただき、特典も決定していました。ただし、これに関してはリリースとサイトでのお知らせで、大雅選手の応援シートに関しては払い戻しを受け付けます」

――2月のKrush、Bigbangについての払い戻しはありますか?

「今回の件に関して、まず2月のKrushではゴンナパー選手の対戦相手を全力で探しています。そして試合を成立させることが第一です。現時点でチケットの払い戻しを受け付ける予定はありません。またBigbangさんについては、谷山会長にご迷惑かけているのですが、それについてはBigbangさんからのアナウンスになると思います」

――大雅選手はタイで練習中ということで「K-1 AWARDS 2017」を欠席していますが、これは事前に把握されていたのでしょうか?

「選手の撮影などで(K-1の)広報担当が主力選手のスケジュールを確認していることが多いです。そこで今回の大雅選手のタイでの練習の模様もオフィシャルの取材で撮影にも行っていました。どうしてもその期間で強くなるために、タイのジムの受け入れ態勢も出来ていて、どうしても(AWARDSの時期に)タイに行きたいということをジムさんから聞いていました。当然AWARDSには出てほしかったのですが、そこで何もないのは寂しいということで、ジムさんを通して動画メッセージをいただいて、式で流させてもらいました。なのでAWARDS欠席は特に大意のあるものではないと思います。

 最後にマスコミのみなさんを通じてファンの方々だったり、関係各位の方に(今回の件を)知っていただきたく思い、我々も電話連絡したり、お詫びしたりしているんですけど、本当に2月12日のKrush、3月21日のK-1、今までも絶対に良い興行にするつもりでやってきましたが、さらに気を引き締めてしっかりやっていきます。

 2月のゴンナパー選手の相手、3月の武尊選手の相手、近日会見になるのかリリースになるのかお知らせさせていただきます。今後ともよろしくお願いします」