2017.12.08

 12月8日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.83」の前日計量・記者会見が行われた。

 会見には-63kg Fightに出場する青津潤平vs大沢文也、東本央貴vs水町浩の4選手が出席した。下町の先輩・後輩対決としても注目される青津と大沢は「先輩としてなめんなよって気持ちです」(青津)、「逆になめんなよって気持ちで下剋上する」(大沢)と感情を露わに。

 第1試合を任される形となった東本と水町は「第1試合に組まれた意味を考えて、すごい試合をする」(東本)、「派手に面白い試合をしてきっちり勝つ」(水町)と第1試合での爆発を誓った。4選手のコメントは以下の通り。

青津潤平
「計量を終えて明日やるだけだなと思います。これまでの試合とは意識が違うので、明日どんな自分になっているか楽しみです。(対戦相手に対する感情は?)僕も人間なんでかわいいと思うやつはかわいいです。でも今回は違うんで。先輩としてというか…先輩としてですね、なめんなよって気持ちです。色んな意味でまだまだ甘くねえよってところを見せたいと思います。(ファンのみなさんへのメッセージは?)明日は自分自身がすごく楽しみです。今までやってきたこととか来年のこととかどうでもいいんで、明日の一戦にかけてます。(大沢のことを)下だとは思っていないし、僕はいつでもチャレンジャーとしてやってきたので、その気持ちは変わらずにやります。あとはやっぱりなめんなって思いますね」

大沢文也
「久々に普通に計量をパスしました。体調も調子もめちゃめちゃいいです。明日は偉大な先輩・大好きな先輩を超えます。(対戦相手に対する感情は?)今日まで絶対に(青津を)超えるという強い気持ちを持って、めちゃくちゃ練習しました。僕も今までの試合とは違うくらい追い込んだので、それが試合に出ると思います。(階級を上げて計量は楽だった?)3kg増えたんで楽になりました。あとは食事もめちゃくちゃ変えました。(ファンのみなさんへのメッセージは?)明日は打ち合います。絶対に打ち合います。(青津には)尊敬の気持ちもありますけど、逆になめんなよって気持ちで、明日は下剋上です」

東本央貴
「計量を終えてすぐに会見だったので、今はお腹にモノを入れたくてうずうずしています。お腹にモノを入れてから明日のことを考えたいと思います。(対戦相手に対する感情は?)試合までリスペクトの気持ちを持って、どつきまわしたろうと思って毎日練習してきました。(ファンのみなさんへのメッセージは?)なんでこの試合が第1試合に組まれたのかを考えたら、第1試合ですごい試合をしたらあとの試合もすごい試合になってくれるやろって期待があるからだと思います。いい試合するんで期待してください」

水町浩
「計量をしっかりパスしてホッとしています。明日に集中して、いい試合が出来るように頑張ります。(対戦相手に対する感情は?)このリングに上がる選手のことは誰でも尊敬していて、みんな過酷なリングに自分のすべてをかけて上がってきます。自分もそうですし、相手もそうだと思うので、相手のことは尊敬しています。自分が持っているものを100%出して倒して勝ちます。(メッセージは?)今年最後の試合なので派手に面白い試合をしてきっちり勝ちます」

 

選手登録