2017.12.08

 12月8日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.83」の前日計量・記者会見が行われた。

 Krushの2017年シリーズの最後を飾るのはKrush女子-50kgタイトルマッチの王者メロニー・ヘウヘスvs挑戦者KANAの一戦。両者は今年1月の後楽園大会のメインイベントで対戦しており、この時は王者KANAに挑戦者メロニーが挑み、2度のダウンを奪ったメロニーが勝利をして新王座に就いた。

 公式計量ではメロニーが49.5kg、KANAが50.0kgで一発クリアし、直後の写真撮影ではフェイス・トゥ・フェイスの睨み合いも展開。調印式・記者会見でも両者はタイトルマッチに相応しい緊張感を漂わせて、試合に向けての意気込みを語った。

KANA
「まず計量をクリアして明日試合が出来る権利を得ることが出来てよかったです。今回防衛戦を受けてくれて(メロニーに)ありがとうございます。今年1月15日にメロニーに負けてから、毎日悪夢と戦ってきました。その悪夢も明日で終わりかなと思います。私には応援してくれるたくさんの人がいるので、感謝の気持ちと自信だけを持ってリングに上がりたいと思います。(計量後にフェイス・トゥ・フェイスでにらみ合って)なんか気軽にしゃべりかけてきたんでムカつきました。(いつも以上にピリピリしているが?)明日までしっかり準備しないといけないと思うし、まだ準備の途中なので1秒たりとも油断できないです」

メロニー・ヘウヘス
「前回は計量に苦戦したけど、今回は無事にパスすることが出来た。明日は自信をもって試合を見せられると思う。Krushのベルトを守りたいし、KANAの悪夢は明日で終わりじゃないと思っている。(計量後にフェイス・トゥ・フェイスでにらみ合って)1月の試合でもKANAは私のことを睨みつけてきたけど、何も感じないし恐れることもない。明日の試合は勝つだけだと思う」

 王座奪還だけでなくリベンジにも挑むKANAは「今まで負けた相手はメロニーだけで、二度同じ相手と戦ったことがないので、明日どういう状況になるか分かりません。ただ初めて負けた相手でベルトを獲られた相手なんで、すごく気合いが入っています」と気合十分。

「1月にKrush後楽園で初の女子のメインイベントという最高の舞台を整えてもらったのに負けてしまって、今年最後の大会でまたメインイベントで試合を組んでもらったことをありがたく思っています。明日はしっかり借りを返して勝ちたいと思います」と最高の舞台での王座返り咲き&リベンジに燃える。

 一方、4月に紅絹との初防衛戦をクリアした後、立ち技格闘技で2試合・総合格闘技で1試合を戦ってすべて勝利しているメロニーは「今回の試合のために集中して練習を続けてきた。明日は自分の方がKANAより優れていること、そしてKrushのチャンピオンに相応しいことを証明したい」と王座防衛に自信をのぞかせる。

 会見の終わりにメロニーとKANAはそれぞれ「明日KANAに勝ってKrushのチャンピオンのままでいたい」(メロニー)、「メロニーもいい仕上がりで来てくれたので、最高の試合が出来ると思う。最後まで油断せず勝ちに行きます」(KANA)とファンにメッセージ。写真撮影では互いに緊張感を漂わせながらも、最後はがっちりと握手を交わして健闘を誓い合った。

 2017年のKrushを締めくくる一戦。最後にリングでベルトを巻いているのはメロニーか? それともKANAか?

 

選手登録