2017.11.06

 11月6日(月)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて「Krush.82」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第6試合でタフな恭士郎から多彩な蹴り技で合計3度のダウンを奪って勝利を収めた瑠輝也。一夜明け会見では「KOで倒すと言っていてダウンも取れたんですけど、恭士郎選手がタフで倒せませんでした。勝ててうれしくてほっとした気持ちもあるんですけど、反省点もありました。まだまだ自分は強くなれるなと思います」と挨拶し、恭士郎との一戦について語った。

「いつも飛び二段蹴りは無意識で出しているんで…感覚ですね。(二段蹴りを)出したら当たると思って出してます。練習では出さないので試合で出る技ですね。(作戦通りに戦えた?)ほとんど考えていた作戦は出たんですけど、一つやりたかったことが出なかったので、次までに磨いてやっていきたいです。一撃で仕留める技を用意していたので、次に出したいと思います。

(倒しきれなったのは攻撃が足りなかった?)いや、攻撃が足りないことは絶対にないですね。とにかく恭士郎選手がタフでした。あのタフさは過去トップクラスです。(タフすぎてやりにくくはなかった?)やりにくいのはなかったですけど、やってて楽しかったですね。試合映像を見たら3Rに笑っていて、僕はあまり試合で笑うことはないんですけど、試合も楽しかったですね。(昨日は-63kgの試合が並んでいたが?)他の試合は見ていないんですけど、ゴンナパー選手が1RKOで勝ったので強いなと思いますね」

 会見に同席した宮田充K-1プロデューサーは「昨日は瑠輝也くんが蹴ったら何が出るんだろう?という雰囲気で、私自身一ファンになるくらい楽しい試合でした。会場で見て、映像でもまた見たくなるような試合で、あれはプロの仕事だったと思います。瑠輝也くんは何かやってくれる雰囲気を持っている選手だと思います。(恭士郎が相手で)苦労するかなと思ったのですが、寄せ付けなったので、見事な勝利だったと思います。後半3試合で良い試合が続いたのは瑠輝也くんの試合が大きいですね」と瑠輝也の戦いぶりを高評価。

「ファンのみなさんも『もっと強い選手と戦ったらどうなるんだろう?』や『他の選手と戦ったらどうなるんだろう?』と思っているでしょうし、これから次の流れを考えたい」と続け、瑠輝也にも自己アピールを促す。ここでマイクを持った瑠輝也は試合後のインタビュースペースに続いて「ベルトに挑戦したいです。それはずっと思っています」とKrush-63kg王座への挑戦を宣言。宮田プロデューサーからは「これはもう流れを作るしかないですね。いきましょう」と前向きな言葉が飛び出した。見るものを驚かせる蹴りでインパクトを残し続ける瑠輝也はベルトまでたどり着くことが出来るか? 

 

選手登録