2017.10.20

11月5日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.82」の[Krush -63kg Fight/3分3R・延長1R]で林健太と対戦するゴンナパー・ウィラサクレックのインタビューを公開!

――Krush初参戦が決まりましたが、オファーを受けた時の心境はいかがでしたか?

「いつもと同じだね。他の試合と同じように試合が決まった、という心境だよ」

──6月にK-1でライト級王者ウェイ・ルイとタイトルマッチで対戦し、惜しくも敗れてしまいました。あの試合ではどこがあと一歩及ばなかったなと感じていますか?

「ダウンを取られてしまったことが敗因ではあるけれど、しっかりとガードできていなかったことが良くなかった。あれからガードの技術を向上させるように練習している」

──後半はゴンナパー選手の猛攻でウェイ・ルイを追い詰めましたが、もう少しで倒せるんじゃないかという手応えはありましたか?

「あともう1Rあって自分が巧く蹴りを出してパンチが当たっていたら倒せたんじゃないかなと思う」

──ゴンナパー選手は昨年からK-1ルールで試合をしていますが、もうルール面で問題はないですか?

「自分はタイにいた頃にボクシングもやっていたし、ルールという点で問題はないと思っている」

──今回の対戦相手は過去にゴンナパー選手が闘ってきた山崎秀晃選手や卜部功也選手の後輩です。林選手は先輩たちのリベンジをしたいと話していましたが、それについてはどう思いますか?

「特にそう言われても思うところはない。自分は自分だし、相手は相手だからね。とにかく今回相手(林)が勝つことはないだろうね」

──ゴンナパー選手はいつもファンが盛り上がる試合をしていますが、Krushのリングでもお客様が熱くなるような試合を見せてくれますか?

「Krushの舞台でもいつも通りの激しい試合ができると思う。自分で言うのもなんだけど…自分のファンが増えてきているのも実感しているよ(笑)」

──ここから結果を出して、またK-1のベルトに挑戦したいという気持ちはありますか?

「もちろんK-1のベルトを獲るのが今の夢だし、あのベルトを巻きたいと思っている。そのためにも今回の試合でしっかり結果を出したいと思う」

 

選手登録