2017.10.14

 10月14日(土)新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国公開される映画「リングサイド・ストーリー」の初日舞台挨拶が行われ、同映画に出演している初代K-1フェザー級王者・武尊が登壇した。

「リングサイド・ストーリー」はK-1が全面協力し、佐藤江梨子さん・瑛太さんが主演を務めるファイト・ラブコメディ映画。武尊はK-1チャンピオンの和希役として出演し、自身初の演技を披露している。舞台挨拶には佐藤さん、瑛太さん、武正晴監督、そして同映画に出演しているプロレス団体「WRESTLE-1」のプロレスラー・黒潮“イケメン”二郎選手が登場し、武尊も映画の見どころを語った。

「今回初めて演技をさせていただいたのですが、たくさん練習しました。普段僕たちはリングの上で戦う姿を見せるだけで、リングに立つまでの過程を見せることはありません。試合の時は自分が強いと思ってリングに立つのですが、そこに向かうまでには色んな恐怖や不安があります。そういった普段は見せないところを見られるのもこの映画の見所だと思います」

 途中、瑛太さんから「武尊選手はセリフの吐き方が最高で、僕がカナコ(佐藤)に嫉妬するシーンがあるのですが、武尊選手の演技が上手くて本当にイライラしました(笑)」と演技をべた褒めされた武尊は「瑛太さんが僕の演技を褒めてくれるのですが、それがネットニュースになって演技のハードルが上がっているのが辛いです。実際に僕の演技を見て『そんなに…』となったら嫌です(笑)」と嬉しい悲鳴をあげる場面も。

 司会者から「これからの夢」や「自分にとって特別な景色」を聞かれると、武尊は「僕はスーパースターになることが夢。これからも色んなことに挑戦したい。僕にとって特別な景色はトーナメントで優勝して、一人でリングに立って周りから見られているところです」とK-1王者らしく語った。

「僕はスーパースターになることが夢です。チャンピオンになることや勝ち続けることもそうですが、自分のことをたくさんの人に知ってもらって、色んな事に挑戦したいと思っています。その一つが演技や映画だったので、それを実現できて良かったです。(特別な景色は?)K-1のトーナメントは8選手参加するのですが、最後までリングに立っているのは一人です。トーナメントで優勝してチャンピオンになって、僕一人がリングに立って、お客さんから見られている時の感覚が僕にとって特別な景色です」

 最後に武尊は「僕の初出演・演技の映画を最後まで楽しんでください。そしてK-1に興味を持ってくれた方は、ぜひK-1の試合も見に来てください」と来場者にメッセージ。映画での武尊の活躍ぶりにも注目だ!

 

選手登録