2017.04.20

 4月20日(木)東京・大久保のK-1ジム総本部にて、4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP JAPAN 2017~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」の一回戦で寺戸伸近と対戦するジェイミー・ウィーランが公開練習を行った。

 昨年の初代フェザー級王座決定トーナメント一回戦では武尊を苦しめ、敗れてもなお強さを見せつけたウィーラン。公開練習では"スピード・デーモン"の異名通り、スピード感のあるパンチを中心としたミット打ちを見せた。

 公開練習後のインタビューでウィーランは「身体の仕上がりもいいし、コンディションはパーフェクトだと思うよ。明日の計量に向けてあと2kgぐらい落とせばいいので、コンディションはいい状態だと思う」と絶好調宣言。

 今回から階級を下げてスーパー・バンタム級で戦うことについて聞くと「基本的に練習していることは変わらない。自分の爆発力を活かすような練習をして、ウェイトトレーニングは若干減らしたくらいかな。他の出場選手に負けないような激しいトレーニングをやってきたよ」と問題なし。

「前回と比べると体重を落としたこともあって、スピードもパワーも増したと感じている。前回よりも強くなった自分を見せられると思う」と武尊戦よりもさらに強くなったと豪語した。

 一回戦で戦う寺戸伸近については「日本でレジェンドといわれる寺戸と試合できることは光栄だと思う」とリスペクトする一方で「寺戸は自分よりも年をとっている。俺は若い選手で新世代の人間だ」とキッパリ。

「俺は彼よりもフレッシュで、スピード・強さ・若さで勝っている。寺戸は俺とリングで対峙した際に恐怖を感じると思うよ」と余裕たっぷりに語る。

 トーナメント出場選手で戦ってみたい選手について聞くと「今回のトーナメントに出場する7人誰と戦ってもいいし、戦えるなら7人全員と戦いたいぐらいだ(笑)。トーナメントだから3人しか戦えないけどね」とウィーラン。

「俺は今回のトーナメントを制して、スーパー・バンタム級No.1のチャンピオンになる。そしてファンのみんなに好かれて、尊敬されるようなピープルズチャンピオンになりたい」。そう理想のチャンピオン像を語るウィーランは、K-1ファンが楽しんでもらえるような試合をすると誓った。

「今回また日本に戻ってきて、みんなの前で試合することが出来て、凄く嬉しく思う。必ずトーナメントで優勝して、スーパー・バンタム級のチャンピオンになりたい。そしてファンのみんなに自分の試合を楽しんでもらえるような試合をしたいと思っているから、楽しみにしてくれ」

 スーパー・バンタム級転向で進化したスピードデーモンはファンを沸かせる試合を見せてくれるに違いない。

 

選手登録