2017.10.02

 10月2日(月)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.81」の一夜明け会見が行われた。

 これまで戦っていた-55kgから-58kgに階級を上げて、鍋島好一朗から見事な1RKO勝利を収めた江川優生。一夜明け会見では鍋島戦でのKO劇を振り返りつつ、新階級で戦った手応えを語った。

「昨日は-58kgに階級を上げて良いスタートが切れたと思います。(-58kgに階級を上げてからの動きの手応え)-55kgの時と比べたら動きは良かったと思います。アップのミット打ちから動きは良いと思っていました。(動きが良くなった要因は?)今回は階級も上げて減量から解放されたので、良い具合にトレーニングも出来ました。パワーも付きましたし、スピードもキレも上がったと思います。だから良い動きが出来たと思います。

(フィニッシュのボディブローからの顔面へのパンチは狙っていたのか?)たまたまガードが丁度空いた所にパンチを出したら当たりました。(前回負けて坊主にした?)坊主は気に入っているので、しばらくはこれでいこうかなと思います(笑)」

 昨夜の大会では同じ-58kgのタイトルマッチが行われ、同世代の西京春馬が王座を獲得。江川自身も西京のことは意識しており、西京の持つベルトを目標に掲げた。

「昨日、西京選手が-58kg新チャンピオンになったので、少しでも早く近づけるように頑張ります。同世代として負けられないので、早く近づけたらと思います。西京選手の試合を見てヒット&アウェイが上手い選手だと思いました。自分も毎試合戦いながら色々と課題をクリアして、西京選手に勝てるように頑張りたいと思います。

(西京選手に挑戦するのはまだ早い?)今のままでは西京選手に挑戦するのは早いと思うので、勝てる確率を少しずつ上げていきたいです。新階級で新しく生まれ変わった自分を出せるようにこれからも頑張ります」

 階級転向初戦でこれ以上ないスタートを切った江川。-58kgでどんな輝きを放つか?

 

選手登録