2017.09.17

 9月17日(日)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、明日、9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」の公開計量・前日会見が行われた。

 4月の代々木大会でK-1スーパー・バンタム級王者となった武居由樹がスーパーファイトに登場。中国の格闘イベント「英雄伝説」のタイトルを持ち、現在6連勝中の伊澤波人と対戦する。

 今回、スーパーファイトながら王者・武居と対戦するチャンスを掴んだ伊澤は「今回もたくさんも練習してきたので、明日は練習の成果を見せるだけです。楽しみにしていてください」。伊澤と言えば“無限ローキック”と呼ばれる多彩なローキックが最大の武器で「今回も相手を倒すための左右のローキックをたくさん磨いてきました」と武居の足をどちらも破壊するつもりだ。

 一方の武居は「前回のスーパー・バンタム級トーナメントの時は、普段の体重が少なかったんですけど、今は体も大きくなったのでパワーが付いたかなと思います。体調もバッチリなので、明日は台風18号に負けないように激しい試合をします」と挨拶。伊澤のローキックについては「伊澤選手はローキックでいくと言っていますが、ローキック以外も蹴ってくると思うので、全部の蹴りへの対策をしてきました」と一枚上手のコメントで切り返す。

 これには伊澤も「足も蹴りますが、顔もお腹も全部蹴ります」と開き直って(?)あらゆる蹴り技の投入を宣言。武居が伊澤の蹴りを攻略するか? それとも伊澤が武居を蹴り壊すか?