2017.04.15

 4月22日(土)国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」の[プレリミナリーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R]で対戦する和島大海と記村一成のコメントを公開!

和島大海(月心会・チーム侍)
「僕はいつでも倒すつもりで戦っている。倒すに行く姿を見て欲しい」


「K-1に出場したいと思っていたので、プレリミナリーファイト参戦が決まってすごく嬉しかったです。(格闘技を始めたきっかけは?)小学生の時に友人に誘われたことがきっかけで空手を習い始めました。そして高校2年生の時にキックボクシングを始めました。(対戦相手の印象は?)打たれ強そうな印象です。今回のテーマは絶対に勝つことで、そのうえでKO勝ち出来ればいいなと思います。(自分のどこをアピールしたい?)僕はいつでも倒すつもりで戦っているので、倒しに行く姿を見て欲しいです。(ファンのみなさんへのメッセージは?)絶対勝ちます!応援よろしくお願いします!」

記村 一成(K-1ジムEBISU小比類巻道場)
「気持ちを全面に出して、熱い試合をして勝ちたい」


「前回の試合で負けてしまったにも関わらず、こうしてすぐに素晴らしい舞台での試合が決まって、感謝の気持ちで一杯です。(格闘技を始めたきっかけは?)昔から格闘技が好きで、自分でもやりたかったのですが。地元には格闘技や空手の道場がありませんでした。それで東京に出てきて、小比類巻道場で本格的にキックボクシングを始めました。(対戦相手の印象は?)空手出身で攻撃力がある。(どんな試合をして勝ちたい?)熱い試合をして勝ちたいです。また気持ちを全面的に出していきたいです。みなさんにはこの試合にかける想いや気持ちの強さを見てもらいたいです。プレリミナリーファイトからご期待ください!」

 

選手登録