2017.09.03

 9月3日(土)東京スカイツリータウンR・ソラマチイーストヤード5F、J:COM Wonder Studioにて「GAORA SPORTS presents『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』9.18さいたま大会・大決起集会!」が行われた。

 このイベントはタイトルの通り、9.18さいたま大会に出場する主要ファイターたちが続々と登場し、試合に向けて熱いトークを展開するK-1の大会前恒例の公開イベントだ。イベントには海外在住選手を除く全選手が登場し、試合への意気込みを語った。

 最初に登場したのはスーパー・フェザー級に登場する山本真弘と島野浩太朗。連敗脱出をかけて、3年前に対戦して敗れている卜部弘嵩との再戦する山本は「お互いに3年前とは違う。進化した姿を見せて勝ちたい」と復活の勝利を誓う。一方、皇治との一戦に臨む島野は「皇治選手から不器用な選手と言われていますが、不器用な選手でも一つは強みがある所を見せます」と対抗意識を見せた。

 続いては皇治と日菜太が登場した。同日昼に公開練習を行い「実力差を見せつけて勝つ」と語っていた皇治はイベントでも余裕のコメントを連発。「楽勝で勝てるでしょ?どうやっても負けない」と大胆不敵に言い放った。

 6月の第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦でジョーダン・ピケオーに敗れ、今回のセルジオ・サンチェス戦が仕切り直しの一戦となる日菜太は現王者チンギス・アラゾフへの挑戦をアピール。「次の試合でしっかり勝って、11月にも出るつもりです。そこで勝って来年3月のメインアリーナ大会でアラゾフに挑戦したいです」と語った。

 三番目に登場したのは卜部弘嵩と伊澤波人。山本と同じく連敗脱出をかけての一戦となる弘嵩は「山本選手も必至かもしれないけど、僕もそれ以上に必死。生き残りをかけた戦いになると思いますし、僕は誰が相手でも復活しないといけないと思っています」と復活宣言。

 一方、スーパー・ファイトで現スーパー・バンタム級王者・武居由樹と対戦する伊澤は「実力的には武居選手の方が上かもしれないけど、絶対に相性はいい。普通に僕が勝っちゃうと思います」と王者超えに自信をのぞかせた。

 最後に登場となったのはスーパー・フェザー級王者・大雅とスーパー・バンタム級王者・武居由樹の2大王者コンビ。ギリシャの?パンチャー=スタウロス・エグザコスティディスと対戦する大雅は「最近は余計なことを考えすぎていたので、今回は何も考えずに戦いたい」と無心でのKO勝利を誓う。そして今回が王者としての初の試合となる武居は伊澤との一戦に向けて「あっちは蹴ってくると思うけど、僕は打ち合いたい。K-1チャンピオンらしい試合をして勝ちたい」と闘志を燃やした。