2017.08.07

 8月7日(月)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.78」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の-60kg次期挑戦者決定トーナメント決勝で大沢文也から1Rにダウンを奪って判定勝利し、王者・安保璃紅への挑戦権を獲得した郷州征宜。会見では「1Rにダウンを取ってから焦ってしまい、作戦通りに戦えなかったのが反省点でした」と大沢との一戦を振り返った。

「大沢選手には研究されていた感じがありましたね。スピードとパワーもあって、調整してきた感じがありましたし、試合が終わった後もすごく気持ちの良い選手でした。なので、良い試合ができたなと思っています。

 1Rにダウンを取ってからは焦ってしまい、作戦通りに戦えなかったのが反省点です。安保選手との試合では、作戦通りに戦えるように練習したいと思います。(焦っても勝てた要因は?)ダウンを取れたことがラッキーでした。もしダウンを取れていなかったら、ドローで延長になっていたと思います。延長だったら自分もスタミナ的に危なかったと思うので、ダウンを取れて本当によかったと思います」

 郷州にとって安保とのタイトルマッチはKrushで初めての王座挑戦であると同時に、第5代-60kg王座決定トーナメント・準決勝のリベンジマッチとなった(※この時は郷州が判定負け)。
 昨日の試合直後にリング上で安保・郷州揃って挨拶した際には、安保から「ベルトを獲った男と獲れなかった男の違いを見せる」という挑発的なコメントも飛び出したが、郷州は「自分はベルトを奪う男とベルトを奪われる男との違いを見せたいと思っています」と反撃。「リングの上で『ベルト、カッコいいですね。そのベルトください』と言ったら無視されましたが(笑)、僕がそのベルトをいただくので待っていてくださいって感じですね」と王座奪取を不敵に語った。

 会見に同席していたK-1宮田充プロデューサーは「開催時期は未定ですが、10月か11月の後楽園で考えています」と安保VS郷州のKrush-60kgタイトルマッチの開催時期について言及。それを受けて郷州は「自分は10月でも11月でもどちらでも構わないです。自分的には早くベルトを獲りたいので一刻も早く戦いたいですね」と話している。

 最後に郷州は-60kgタイトルマッチに向けて「昨日の試合はKO勝利ができなかったので、次のタイトルマッチでは安保選手にとって初めてのKOと敗戦を味合わせたいと思っています」と断言。郷州は安保へのリベンジを果たし、Krush-60kg王座を手にすることが出来るか?

 

選手登録