2017.08.07

 8月7日(月)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.78」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会ではヘビー級戦が2試合組まれ、第4試合でフランスのパコム・アッシが工藤勇樹にKO勝利。Krush初参戦で大きなインパクトを残した。

 一夜明け会見に出席したアッシは「まずは周りのみなさんに凄く感謝している。この試合のために長い間ハードなトレーニングをしてきて、勝てたことを幸せに思う。試合そのものは久しぶりだったけど、この結果を出せて満足しているよ」と挨拶。

「2年ほど試合から離れていたので試合の始めはストレスを感じていた。対戦相手の工藤もいいファイターで、バックスピンキックを出してきた時などは驚かされたよ。でも自分自身いい準備をしていたので、しっかり対処できたと思う」と工藤との一戦を振り返り「日本のファイターではKOICHやK-Jeeのことは知っている。日本にも強い選手が揃っているし、みんなが喜んでくれるなら彼らとも戦いたい」と続けた。

「日本で試合をすることは夢の一つ。その夢を叶えられてうれしいし、KO勝ちという結果で周囲に恩返しできて満足している」と話すアッシは「K-1のベルトはこの競技をやっている選手みんなのゴール。いつでも試合が出来るように準備万端にしておくよ」と11月に行われる初代K-1ヘビー級王座決定トーナメント出場に意欲を見せる。

 会見に同席したK-1宮田充プロデューサーも「テクニシャンでやりづらい工藤選手をしっかりKOしたことはポイントが高い。試合を見ていて、これがヘビー級だなと思いました。この勝利は次にプラスに作用するものだし、11月のK-1に出てほしい選手の一人だと思いました」とアッシがトーナメントの出場候補選手の一人であることを明言。

 これを受けてアッシは「そう言ってもらえて本当に幸せだ。自分は色々な人たちの協力があって戦うことが出来る。ファイターは戦うことが仕事なのでベストを尽くして次の試合も全力で戦いたい」と来るべき時に備えて準備を続けるつもりだ。Krushのリングでヘビー級の力強さ・インパクトを存分に見せつけたアッシの次戦はいかに!?

 

選手登録