2017.07.29

 7月29日(土)東京・新宿FACEにて「K-1甲子園2017&K-1カレッジ2017開幕戦」が行われた。

 今大会では高校生日本一を決めるトーナメント=「K-1甲子園2017」と大学生日本一を決めるトーナメント=「K-1カレッジ2017」を同時開催。両トーナメントとも-55kg・-60kg・-65kgの3階級で一回戦から準決勝まで行われ、決勝戦への切符をかけて熱戦が続いた。(※K-1甲子園決勝は11月23日(木・祝)K-1さいたま大会、K-1カレッジ決勝は9月18日(月・祝)K-1さいたま大会で実施)

 昨年からスタートし、今年が2度目の開催となるK-1カレッジでは前年準優勝の野村優(弘前大学・5年)と内田道隆(国士舘大学・4年)が決勝進出。-55kg決勝で野村は金塚聖矢(日本外国語専門学校・2年)、-60kg決勝で内田は下地涼(拓殖大学・2年)と対戦する。

 また-65kgでは「青春を再び味わいたい」という理由でカレッジ出場を決めた31歳の医大生・半井龍(旭川医科大学・3年)が決勝へ勝ち進み、K-1ジム相模大野KRESTでインストラクターも務める佐野純平(桜美林大学・4年)と優勝を争うことになった。

>>「K-1カレッジ2017」試合結果はこちら

▼K-1カレッジ2017 -55kg

野村優(弘前大学・5年)
「優勝するために今年のカレッジに出たので必ず優勝します。今日の試合で良かったところはなくて、くっついてしまうシーンが多かったです。決勝では距離を離れて戦いたいと思います。決勝の相手の試合は見ていないのですが、ローキックを蹴る音がバックステージにも聞こえてきました。きっとロー中心で来ると思うので、僕は普段通りに戦おうと思います」

金塚聖矢(日本外国語専門学校・2年)
「決勝はさいたまスーパーアリーナという大きな大会で、しっかりスタミナをつけて戦えるようにしたいと思います。今日はローをたくさん蹴ろうと思っていて、実際に蹴れてよかったです。決勝でもスタミナをつけてもっと蹴れるようになりたいです。決勝の相手はパンチでどんどん出てくるタイプなので、パンチでも勝てるように練習します」

▼K-1カレッジ2017 -60kg

内田道隆(国士舘大学・4年)
「去年は決勝で負けているので、今年はKOで優勝したいと思います。今日は左ストレートが上手く当たってよかったと思います。決勝では左ミドルで相手を崩していきたいと思います」

下地涼(拓殖大学・2年)
「決勝までいけたので優勝できるように頑張ります。今日はローキックを蹴れたことが良かったです。決勝の相手はサウスポーで綺麗な左ストレートと左ミドルを出すので、そこには気を付けたいと思います」

▼K-1カレッジ2017 -65kg

半井龍(旭川医科大学・3年)
「こんなに素晴らしい大会で決勝まで勝ち残ることが出来たので、決勝でも頑張りたいと思います。試合は緊張してガチガチだったので、練習から緊張感を持ってやりたいと思います。決勝の相手はパンチがすごくて、僕は蹴りの選手なので蹴りvsパンチの試合になると思います」

佐野純平(桜美林大学・4年)
「優勝できるように明後日から練習しようと思います。今日はパンチから蹴りにつなげられてよかったと思います。決勝の相手は背が高いのでパンチでいこうと思います」