2017.07.27

 7月27日(木)神奈川・K-1ジム相模大野KRESTにて、8月6日(日)東京・後楽園ホール「Krush.78」の[Krush-63kgタイトルマッチ/3分3R・延長1R]で挑戦者・谷山俊樹と対戦する王者・佐々木大蔵が公開練習を行った。

 2月の初代K-1ライト級王座決定トーナメントでは、一回戦でウェイ・ルイにKO負けを喫している佐々木。再起戦となった6月3日の中国遠征では的確にパンチとローキックを当てて判定勝利を収め、今大会ではKrush-63kgタイトルの2度目の防衛戦で谷山俊樹の挑戦を受けることになる。

 この日の公開練習で2分1Rのミット打ちを披露した佐々木は「コンディションは絶好調です」と開口一番に好調をアピール。2月の初代K-1ライト級王座決定トーナメント以降の練習内容について語った。

「2月のK-1ライト級トーナメントは、代償は大きかったですけど良い意味で勉強になった試合でした。2月の負けがあったからこそ、気を引き締めて練習を出来ていますし、試合に対する意識も変わりましたね。

(ウェイ・ルイ戦を終えてから変えたことはあったか?)特に練習内容は変えていないです。変わった点は意識ですかね。朝起きてから意識がある時は、ずっと格闘技のことを考えています。あとは、5月に息子が生まれたので、息子のパワーを借りて練習にも取り組めています。だから練習へのモチベーションが高いです。

(夏を意識した練習はしているか?)食べ物やコンディションには気を付けています。最近は、朝走った後にスイカを食べています。あとは自家製のバナナジュース(バナナと甘酒とプロテインと牛乳をミックスしたもの)を飲んでいますね」

 昨年10月以来となる防衛戦については「初防衛戦(VS岩崎悠斗に判定勝利)は、過去に1回負けている相手だったので、リベンジする気持ちで試合をしていました。防衛戦だからといって特別に意識していることはありません」と佐々木。

 今回もベルトがかかった試合ではあるものの「日本での試合はウェイ・ルイ選手に負けて以来の試合。日本のファンの人には、あの試合が染み付いていると思うので、再出発という気持ちで戦っていきたいです」と話し「谷山選手はオールラウンダーで何でも出来る、相手に合わせて良さを出す選手。ファンの皆さんにはK-1のクリスチャン・スペトゥク選手の試合が印象に残っていると思いますが、谷山選手はスペトゥク選手に劣らない試合をしていたので、自分は気を抜かずに戦います」と気のゆるみはない。

 今回の試合は初代K-1ライト級王座決定トーナメントで一回戦負けに終わっている者同士のタイトルマッチということで周囲の目も厳しい。佐々木はそれを「いいんじゃないですか」と言い、前回の敗戦を払拭する試合を見せると宣言した。

「周りの目は周りの目でいいんじゃないですか。僕はしっかり防衛して、次に繋げるだけ。そういった厳しい目は気にしないし、むしろ厳しい目を糧に練習にも取り組めているので、より気合いが入っています。今回はチャンピオンとして、ただ勝つだけでなくKOを見せたいです。KOすることに重点を置いているので、次の試合ではKO出来る確率が高くなっていると思います」

 最後に佐々木はファンに向けて「8月6日はチャンピオンとして、しっかりベルトを守ります。次はK-1の舞台に失ったモノを取り返しにいきます。皆さん期待していてください」とメッセージ。佐々木は再出発の一戦でKrush-63kgのベルトを守り抜くことが出来るのか!?