2017.07.23

▲写真左より森、森井、桑田

 7月29日(土)新宿FACEで開催される「K-1甲子園2017」・「K-1カレッジ2017」に向けて、前年優勝者からメッセージが届きました。今回はK-1カレッジ2016編として<桑田裕太・森井洸介・森香津眞>のメッセージを公開いたします!

K-1カレッジ2016 -55kg優勝
桑田裕太

「僕は優勝できなかったら就職する!優勝したらプロになる!と覚悟を持って練習し、試合をしたことが優勝できた要因だと思います。お客さんが沢山いる代々木第二体育館という大舞台で試合できたことが一番の思い出ですね。(カレッジで優勝してどんな変化があった?)優勝したらプロになると決めていたので就職活動を辞め、内定先も断りました!(甲子園・カレッジ出場選手へのメッセージは?)今後、プロになる人や就職をする人関係なく、全力で頑張った経験はいつか役に立つと思います。なので、とにかく全力で頑張って下さい!(カレッジOBとして)K-1甲子園は旧K-1の時代から続いている大会で、K-1チャンピオンや世界トップクラスの選手を輩出していて、多くの人に知られています。K-1カレッジは去年初めて開催された大会で、自分自身レベルの低い試合をしてしまい、まだK-1カレッジを知らない人も沢山います。なのでここから自分がチャンピオンになって、"K-1カレッジ=桑田裕太が優勝した大会"と言われるようにしたいです」

K-1カレッジ2016 -60kg優勝
森井洸介

「昨年K-1カレッジに出た時、僕は2分3R動き続けられるような練習を意識してやっていました。絶対に勝ちたいという気持ちがあったから優勝できたと思います。(カレッジの思い出は)決勝で勝って、応援していただいた方々に喜んでもらえたことですね。K-1カレッジで優勝して色々な媒体に取り上げてもらいましたし、大学でも声をかけてくださる方が増えました。そしてtwitterのフォロワー数も増えました(笑)。(甲子園・カレッジ出場選手へのメッセージは?)この大会で勝ち上がればK-1への切符とさいたまスーパーアリーナのリングが待っています。悔いの残らないように一戦一戦全力で闘ってください! 僕はK-1カレッジのOBとして同じ道場の選手たち、K-1やKrushに出たいと思っている選手たちがそのリングに立てるように一生懸命サポートしていくことが目標です」

K-1カレッジ2016 -65kg優勝
森香津眞

「(K-1カレッジに向けて)倒すために基本をしっかりと見直して、自分が優勝して当たり前だと思って練習していました。予選・決勝どちらもKOで優勝できたことが一番の思い出です。カレッジで優勝して大学新聞や地元の新聞でも取り上げてもらい、沢山の人にお祝いの言葉をいただくことが出来ました。(甲子園・カレッジ出場選手へのメッセージは?)試合をするうえで気持ちが1番大事だと思います。頑張ってください!(カレッジOBとしての目標は)今、僕は海外に留学中なのですが、留学から帰ったらプロで勝負します」