2017.04.04

 4月4日(火)東京・K-1ジム目黒にて、4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館大会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」リザーブファイトで伊澤波人と対戦する鈴木優也が公開練習を行った。

 今回、トーナメントのリザーブファイトとしてK-1参戦が決まった鈴木。「自分は神奈川県横浜市戸塚出身なんですけど、色んな方から応援の声をいただきました。街全体で応援してくれて、気合いが入っていますね」と地元の戸塚でも反響が大きく、試合に向けた活力になっていると語る。

 鈴木は現在2連勝中で、1月のKrushでは元Krush-55kg王者の堀尾竜司にも勝利した。トーナメントに向けて好調をキープしており、ミット打ちでも鋭いワンツーやミドルキックなど軽快な動きを見せた。

「前回の試合で戦った堀尾選手も元Krushチャンピオンですし、その前の(元Bigbangスーパーバンタム級王者の)出貝選手もそうですし、タイトルを獲ってきた選手に勝ってきました。今は、誰と戦っても負けない手応えがあります。あとはKOですね。KOというインパクトがあるとまた違うのかなと思います。

(どんな技でも倒す手応えがある?)はい。今はパンチでも蹴りでも倒せるイメージも出来ています。僕がいつも言っていることですが、僕は魅せる試合をしたいです。技の綺麗さやテクニック・スピードの中に今は闘争心みたいな粗さも出てきたので、それでどうやって倒すか自分でも楽しみです」

 対戦相手の伊澤は過去2戦戦っていて2戦2勝の相手だが「伊澤選手は素直に強いと思います。でも3度目の戦いなのでKOで決着を付けたいですね」と油断せずに戦ってKO決着すると語った。

 また「自分は1日3試合やるつもりでスタミナ強化もやっています。リザーブファイトにしっかり勝って、本戦にトーナメントに備えたいって気持ちです」という鈴木。「K-1でリザーブファイトからチャンピオンになった選手はいないので、僕がリザーブファイトからチャンピオンになるというシンデレラストーリーを描きたいですね」とリザーブからトーナメント優勝を考えている。

 最後に「僕は戦績は良くないですけど色んな経験をしてきて、こんな戦績の選手でも、頑張ればK-1チャンピオンになれるっていう、夢を感じてもらいたいです。なので、応援よろしくお願いします」と鈴木。リザーブファイトからK-1王者になるシンデレラストーリーを描く!

 

選手登録