2016.11.01

 11月1日(火)東京・大久保にあるK-1ジム総本部にて、11月3日(木・祝)国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)に出場するエリアス・マムーディが公開練習を行った。

 アマチュアムエタイの世界大会で活躍し、プロのリングではデビューから15連勝を記録。昨年のK-1初代-55kg(現スーパー・バンタム級)王座決定トーナメントに出場したルイ・ボテーリョにも勝利しているマムーディ。

「K-1からオファーを受けてとても光栄に思ったし、日本で機会がもらえたことを誇りに思う。今まではムエタイルールで試合することが多かったけど、K-1で試合が決まってからはずっとK-1ルールのための練習をしてきた」とK-1初参戦へ向けた心境を語る。

 日本に到着するまでのフライトで体調を崩し「正直、今は100%の体調ではないかな。今は自分が出来ることをやって試合に備えている」としながらも、公開練習では誰よりも激しくミット打ちを公開。長い手足から繰り出す打ち下ろしのパンチ・ヒザ蹴り・ミドルキックを次々と披露し「計量を終えてコンディションを整えれば、今よりももっといい動きが見せられるよ」と続けた。

 対戦相手の戸邊隆馬についてマムーディは「相手が誰であっても戦う準備が出来ている。だから一回戦で戦う相手が誰でも特に問題ないよ」とキッパリ。トーナメントの予想を聞いても「他の選手のことを特に研究することもなかった。誰と戦うことになっても勝てるように準備してきたから」と多くを語ることはなかった。

 トーナメント出場選手中 最年少=18歳のマムーディは「今の目標はK-1で結果を出して、実績を残すこと。それがこれからの日本でのキャリアにつながるといいね」とK-1での活躍を誓い「日本のファンには僕の戦いに対する情熱や絶対に負けないという気持ちを持って戦う姿を見て欲しい。自分のすべてを出す準備は出来ているから楽しみにしていてほしい」とメッセージ。

 フランスの天才児はK-1でも輝きを放つか?

 

選手登録