2016.11.01

 11月1日(火)東京・大久保にあるK-1ジム総本部にて、11月3日(木・祝)国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)に出場するジョシュ・トナーが公開練習を行った。

 これまでK-1のリングに数多くの強豪を輩出してきたオセアニア地区からK-1初参戦を果たすトナー。「K-1で戦うことを18歳の時からずっと夢見ていた。去年の初代-55kg(現スーパー・バンタム級)王座決定トーナメントにも出たいと思っていたんだけど、その時はチャンスが巡ってこなかった。だけど今回こうしてK-1参戦が決まって『やっとチャンスが来た!』と思ったよ」とK-1出場が自分の夢だったことを明かす。

 今回のトーナメントのために約2カ月間の準備を設け「ずっとハードなトレーニングを積んできたんでコンディションはばっちりだよ」と仕上がりは万全。公開練習では力強い左右のパンチとミドルキックを繰り出していった。

 キャリアのほとんどをムエタイルールで戦ってきたトナーだが「なぜムエタイルールで戦ってきたかと言うと自分が戦っている地域はムエタイルールが盛んだから」と説明し「僕はボクシングスキルに優れているし、最近では飛びヒザ蹴りも得意にしている。自分のファイトスタイルを考えると、K-1ルールの方が合っていると思う」と力強く語る。

 対戦相手の小澤海斗については「パンチも蹴りもスピードがあって危険な相手だね」とする一方「どういう試合になるか楽しみだね」と不敵な笑み。トナー同様に小澤もパンチと飛びヒザ蹴りを得意としているが「特にそれに対しては何もないね。どんな試合展開になるのか、試合当日に確かめるよ」とクールに話す。

 またトーナメントの勝ち上がりについては「特に誰かをマークしている選手はいない」としつつ「あえて言うなら武尊だね。彼はとてもいい選手で有名だ。彼のホームである日本で彼に勝ちたい」と武尊との対戦に興味を示した。

「僕のK-1での目標はK-1に出続けて勝ち続けること。ジョシュ・トナーという名を日本、そして世界にとどろかせたいね」。オーストラリアでは試合開始と同時にカウントダウンが始まり、どこかで爆発するような試合をすることから“Timebomb”(時限爆弾)と呼ばれているトナー。K-1のリングでどんなインパクトを残すか?

 

選手登録