2016.09.17

 9月17日(土)東京・大久保のK-1ジム総本部にて、9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP IN JAPAN 2016~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~」(※-60kgから表記変更)1回戦で卜部弘嵩と対戦するヨハネス・ウルフが公開練習を行った。

 初来日となった3・4代々木大会では、スーパーファイトで現スーパー・フェザー級王者の卜部弘嵩を下す金星を挙げたウルフ。弘嵩戦で見せた多彩な蹴り技は健在で、公開練習として行ったミット打ちと軽いマススパーリングではサイドキック、かかと落とし、バックスピンキックを次々と繰り出していった。

 公開練習後のインタビューで「みんなも同じ答えだと思うけど、トーナメントのために万全の準備を整えてやってきた」と語ったウルフ。一回戦では弘嵩のリベンジを受ける形となったが「彼はチャンピオンだし、前回の試合はとても厳しくて険しい戦いだった。 今回は世界トーナメント優勝がかかった試合だし、前回以上に技、スピード、動きの切れ味など、すべてを駆使して戦うつもりだ 」。

 決して前回の勝利をアドバンテージだとは考えておらず「よくみんなはそう言ってくるけれど、自分は前回以上の気持ちを持って、この試合に臨む覚悟だ」と気を引き締めている。

 そんなウルフが決勝まで勝ち上がってくる相手として予想しているのがパウロ・テバウ。「彼もヒロタカに勝っているし、彼の動きを見ていると非常に細かく動く強い選手だと思った」とその理由を話し「K-1は大きな大会なので、ここで優勝すれば自分の名前を歴史に残すこともできる」と決勝での外国人対決を制しての優勝を見据えている。

 インタビューの最後にウルフは「ベストを尽くして戦って優勝の栄光をドイツに持って帰るよ」とファンにメッセージ。弘嵩を翻弄したトリッキーな蹴り技の数々は世界トーナメントでも猛威を振るうか?

 

選手登録