2016.09.09

 9月9日(金)東京・町田のK-1ジムDRAGONにて、9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP IN JAPAN 2016~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~」(※-60kgから表記変更)1回戦でヨハネスと対戦する第2代スーパー・フェザー級王者・卜部弘嵩が公開練習を行った。

 今年は3月・4月のスーパーファイトで連敗を喫し、6月に予定されていた試合も怪我で欠場するなど苦しい時期が続いている王者・弘嵩。しかし「怪我をしてもウエイトトレーニングなど出来るトレーニングは続けていたし、怪我以外で気持ちは切れることはなかった。むしろトーナメントのために長期間いい調整ができました」と話す。

 トーナメントに向けて昨年から定期的に行っているタイのシッソーンピーノンジムでの合宿も実施。約3週間の合宿生活で日本での追い込み練習に耐えられる身体を作り、コンディション・仕上がりは右肩上がりだという。

「タイでは1日2回練習のことだけを考えられるし、日本で追い込むための身体を作ることが出来ました。タイで身体を作っておくと、身体が強い状態で追い込みをスタートできるので、疲れ方が全然違います。

 いつもは追い込みを始めると、疲れで身体がぐったりして動けなくなるのですが、今回は追い込みをやっていても身体がかなり強くなっています。動きもキレキレで、どんどんスピードもパワーも上がっています」

 その言葉通り、公開練習として行ったチームドラゴンの渡辺雅和代表とのミット打ちでは、キレのある動きで鋭いワンツー・左フックを連発。試合10日前、疲労が溜まる追い込み終盤とは思えない動きの良さを見せた。

 対戦相手のウルフは3月に対戦している相手で、この時はウルフの多彩な蹴り技と変則的な動きに翻弄される形となった。

 半年ぶりの再戦を前に、弘嵩はタイでもトレーナーに試合映像を確認してもらい「試合の対策を考えてもらいました。日本に戻ってからも作戦や対策はばっちりです。前回は全く違う試合になると思いますよ」と手応えを感じている。

 2連敗という中でのトーナメント出場という状況に関しても「チャンピオンになってからの試合焦りがすごくて、気持ち的にいっぱいいっぱいだったでした。あの状態ではいい練習は出来ていなかったと思うし、怪我で結果的に試合期間が空いて、レベルアップするためにどうすればいいかを練習できた。それは自分にとって大きくて、今は試合がしたくてワクワクしています」。

 対戦カード発表会見ではウルフ、そして4月に敗れたパウロ・テバウへのリベンジをテーマに掲げた弘嵩だが「あの時はこのトーナメントはリベンジだと考えていましたが、今は気持ち的にも乗っているんでぶっちりぎりで優勝してやろうと思います」と圧勝宣言。「今の僕には負けるはずがないっていう絶対的な自信がある。それだけいい練習ができているんで、その自信を持って相手を叩き潰すだけです」と自信を漲らせた。

 日本代表決定トーナメント優勝者の大雅からは「“一応”チャンピオン」という厳しい言葉もあったが「K-1チャンピオンになったことがないやつがチャンピオンに意見をいうのはどうかなって思う」とバッサリ。「K-1チャンピオンはK-1チャンピオンで色々なことがあるし、他の選手が僕に対してごちゃごちゃ言う資格はないですよ」と切り捨てる。

 また弟・卜部功也との3度目の兄弟対決について聞かれると「僕はテバウが上がって来ると予想していたのですが、今は功也が来るんじゃないかなと思います。過去2回は怪我やダメージがあって万全ではなかったんで、なるべくいい状態でやりたい気持ちがあります。ただそうなったらそうなったでやるだけです」とだけ話した。

 取材の最後、弘嵩は「今、いい練習をして気持ちもすごく充実しています。苦しいことがあってもしっかり諦めないでコツコツ努力していけば、しっかり人間は這い上がって来れることをみなさんに見せたい。それがK-1チャンピオンの仕事だと思います」と復活を誓い「K-1チャンピオンはそれだけ人に影響を与える力があると思うし、トーナメントではそれをしっかり見せなきゃいけないなと思います」とファンにメッセージを送った。

 世界最強決定トーナメントの舞台で王者として強さ、そして復活する姿を見せることが出来るか?

 

選手登録