2022.06.18

 6月18日(土)都内にて、前日に開催された「Krush.138」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第1試合に登場した弘輝は、Krushライト級ワンマッチで明戸仁志と対戦。バランス良く攻撃をしながら、2Rに三日月蹴りでダウンを奪うと、続けて三日月蹴りを連打してレフェリーが試合をストップ。2R2分56秒で見事なKO勝利を飾った。

 3連敗中の弘輝だったが、スタイルチェンジが上手くいったのが今回の勝利の要因だ。「蹴りで組み立てられる選手っていうのを目指してやってて、ある程度そこはクリア出来た」と、ファイトスタイルのチェンジに手応えを感じることが出来た。だが、まだ完成形というわけではなく、「潰せてない穴がいっぱい昨日の試合を振り返ってみてあったんで、そこは潰していこうかなと思います」とさらに磨きをかけていくつもりだ。

 狙うはK-1 JAPAN GROUPでのタイトル奪取だ。「僕はもちろんタイトルを獲りたいと思っているんで、そこまでノンストップで行きたい」と意欲的な弘輝。昨年の12.4K-1エディオンアリーナ大阪大会で弘輝が敗れた大沢文也は、現在Krushライト級チャンピオンで、昨日もタイトルマッチを戦うジムの後輩の寺島輝のセコンドとして来場していた。それを目にした弘輝は「大沢くん、またリングで遊ぼうね」とリング上のマイクで口にしていたが、「言うつもりもなかったんですけど、目の前でなんか座って超笑顔やったからイラッとして、名前出しちゃいました」と、意識する存在ではあるようだ。

 とにもかくにも、試合を重ねて、勝利していくのがチャンピオンへの近道。「これからも試合間隔短めでガンガン試合出て、蹴りの練習を積んで、いっぱいKOを量産していきたい」と、蹴りを主体にしたファイトスタイルで頂点を目指す。

弘輝 
「昨日はたくさんの応援ありがとうございました。昨日は連敗中でもうスタイルを変えて、やりたいことが20%ぐらいは出来たんで、とりあえず勝ててホッとしています。(一夜明けての心境は?)久々に勝って迎える朝はこんなに気持ちいいんかと、めちゃくちゃスッキリ起きれましたね。(試合の勝因は?)チーム力やと思います。今回からチーム弘輝としてみんながサポートしてくれて、もう信頼出来る仲間たちだけで試合に臨めたんで、チーム力で勝ったなと思いますね。

(成長したと思う点は?)成長していた点は蹴りを今回から使っていこうということで、蹴りで組み立てられる選手っていうのを目指してやってて、ある程度そこはクリア出来たんじゃないかなと思うんですけど、まだ直ってないところもあったりとか、潰せてない穴がいっぱい昨日の試合を振り返ってみてあったんで、そこは潰していこうかなと思います。

(今後の目標は?)僕はもちろんタイトルを獲りたいと思っているんで、そこまでノンストップで行きたいのもあるし、K-1 JAPAN GROUPで戦わせてもらっていることが光栄なんで、これからも第1試合とかやらせてほしいなっていうのがあって、いい仕事出来るんで第1試合で。次、違う試合する時はタイトルぐらいの選手でおれたらなと思います。

(試合後に大沢文也の名前を出していたが?)目の前でなんかごっつう偉そうに座っとったんで目につきました。言うつもりもなかったんですけど、目の前でなんか座って超笑顔やったからイラッとして、名前出しちゃいました。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。これからも試合間隔短めでガンガン試合出て、蹴りの練習を積んで、いっぱいKOを量産していきたいと思うんで、応援お願いします」

 

選手登録