2022.06.18

 6月18日(土)都内にて、前日に開催された「Krush.138」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第2試合には伊藤健人がKrushライト級ワンマッチとして南雲大輝と対戦。2Rに右フックでダウンを奪うと、強打を振るって抵抗する南雲を右ストレートで仕留めて、2R2分42秒、見事なKO勝利を収めた。

 3連敗中だった伊藤にとっては待望のKO勝利。また、階級をライト級に上げての初戦ということもあり、幸先良いスタートが切ることが出来た。一夜明けても、「本当に悔しい何年間だったので、本当に勝って朝を迎えられて、本当はまだ昨日に浸っているんですけど、次に向けて今日からやっていこうかなと思っています」と、勝利の余韻に心地良さそうな様子の伊藤。

 試合後のマイクアピールでは感極まり涙を見せたが、「泣く予定なかったんですけど、泣いたこともあんまりないので、泣き方が分からなくて、次回から練習しようと思います(笑)」と照れ笑いを見せていた。

 今後の目標は変わらずチャンピオンになること。そのためにはドンドン試合を重ねたという意向がある。また、「あと9月のK-1に出たいので是非よろしくお願いします」と、中村拓己K-1プロデューサーの前で発言するなど、このKO勝利で大きく自信を増したようだ。「リングはやってきたこととかが全て出るなと思ってたので、泣き顔含めてそれが出て良かったのかなと思います」と伊藤。連敗から脱出し、心機一転、チャンピオンへの道を歩み始めた。

伊藤健人 
「昨日はたくさんの応援ありがとうございました。一つ勝ちという結果で皆さんに感謝を伝えることが出来て良かったです。(一夜明けた心境は?)勝つことをイメージしてやってきたんですけど、ここずっと連敗してて、本当に悔しい何年間だったので、本当に勝って朝を迎えられて、本当はまだ昨日に浸っているんですけど、次に向けて今日からやっていこうかなと思っています。

(試合の勝因は?)代表とチームの仲間とやってきたことを信じてやってこれて、それがリングで出せたことが勝因だと思います。(久々のKOについては?)倒し切って勝てたのは自信になるんですけど、何よりも勝ちが欲しくて、その気持ちが出て、ああいう結果に繋がったのかなと思っています。(今後の目標は?)目標は変わらずチャンピオンになることなので、そのためにはドンドン試合していかないと駆け上がっていけないので、ドンドン試合をすることと、あと9月のK-1に出たいので是非よろしくお願いします。
(涙のマイクの反響は?)泣き顔が凄い不細工で(笑)。ブスってずっと言われてます。泣く予定なかったんですけど、泣いたこともあんまりないので、泣き方が分からなくて、次回から練習しようと思います(笑)。(試合に関して周りの方の反響は?)試合は気持ちが出てたっていうことを言ってもらえたので、リングはやってきたこととかが全て出るなと思ってたので、泣き顔含めてそれが出て良かったのかなと思います。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)勝つ姿を見せられない中、ずっとたくさんの人に応援していただいて、昨日は本当にその姿を見せられて良かったです。いつもありがとうございます。これからも応援よろしくお願いします」

 

選手登録