2022.06.18

 6月18日(土)都内にて、前日に開催された「Krush.138」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第3試合では塚本拓真がKrushスーパー・ライト級ワンマッチで齋藤紘也と対戦。齋藤が減量に失敗し、1.9kgオーバーという中での試合となったが、2Rには打ち合いを展開。塚本が判定3-0で勝利をもぎ取った。

 これで3連敗の後、3連勝となった塚本だが、「まあこんなもんなのかなっていう、もっと頑張らないとなっていう気持ちが一番あります」と、自分自身にダメ出し。だが、「やっぱり自分は気持ち一つしかない。技術もないパワーもないスピードもない、本当に気持ちだけに全振りして戦っているんで、それしかないと思っています」と、常々公言している気持ちの強さを勝利に繋げることが出来た。

 これでK-1 JAPAN GROUPのリングでは4勝目となった塚本の目標は、やはりチャンピオンの座だ。同じ階級のKrush王者である佐々木大蔵が、奇しくも同じ大会で防衛戦を実施。この一夜明け会見にも出席している。その大蔵を目の前にして、「僕はまだ不器用で全然そんなレベルじゃないですけど、いつか絶対に目の前に辿り着くように頑張っていくので、覚えておいてください」と、臆することなく堂々と宣言してみせたのだった。

塚本拓真
「昨日は応援ありがとうございました。本当にいつも自分の試合は危なっかしい展開になるんですけど、皆さんの会場での応援のおかげでしっかり負けずに戦えています。応援ありがとうございました。(一夜明けた心境は?)一夜明けたっていうか、昨日の試合が終わった直後からずっと同じ気持ちなんですけど、自分自身、もっとやれると思って、それが過信になっていたのかもしれないですけど、やっぱり練習でやっていた通りには試合では上手くいかないし、試合で結局出る実力が本当の実力だと思うので、まあこんなもんなのかなっていう、もっと頑張らないとなっていう気持ちが一番あります。

(試合の勝因は?)勝因はいつも自分の強さは気持ちだと思って、それも公言しているんですけど、やっぱり気持ち一つしかない。技術もないパワーもないスピードもない、本当に気持ちだけに全振りして戦っているんで、それしかないと思っています。(対戦相手が計量オーバーしたが、それについては?)プロとして体重を絶対落とさないといけないっていうのはもちろんですし、自分も正直身長もある分、減量がちょっとキツいのもあるんですけど、他の選手も減量はキツいと思うし、でもみんなちゃんと走って練習を一生懸命して、体を作って体重を仕上げて、リングに上がってると思うんで、それはプロとしてキッチリやらなきゃダメだなっていう。終わったことなんでしょうがないですけど、それは分かってもらいたいなって思います。

(今後の目標は?)自分も今選手でやっている以上、昨日の試合なんかじゃまだまだですけど、チャンピオン目指してやっています。今、一夜明け会見で佐々木大蔵チャンピオンも座っているんですけど、僕はまだ不器用で全然そんなレベルじゃないですけど、いつか絶対に目の前に辿り着くように頑張っていくので、覚えておいてください。お願いします。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)本当にいつも変わらずの応援ありがとうございます。本当に気持ち気持ちとは言ってても、やっぱり誰からも応援をされてなかったらあそこまで気持ちを見せることも出来ないですし、その応援のおかげで自分自身の強さになっていると思うので、これからも応援を変わらずよろしくお願いします。頑張っていきます」

 

選手登録