2022.04.29

 4月29日(金・祝)都内にて、開催を明日に控えた「Krush.136」後楽園ホール大会の前日計量と記者会見が行なわれた。
 
 セミファイナルではKrushライト級のワンマッチで西京佑馬と増井侑輝が対戦。計量では増井が再計量となったものの無事にパス。両者揃って記者会見に出席し、明日に向けて意気込みを語った。

 西京は昨年からライト級に転向。K-1のリングで2連勝を飾っていたが、12月のK-1大阪大会で元K-1ライト級王者のゴンナパー・ウィラサクレックに敗戦。約1年7カ月ぶりのKrushのリングで再起戦に挑む。

 対する増井はBigbangスーパー・ライト級王者という実績の持ち主で、Krushは今回が初参戦だ。Krush EVANGELISTの石川直生さんは、「どれだけ蹴っても崩れない、バランスも威力も落ちない多彩な蹴りが増井選手の魅力です。その多彩な蹴りを西京の緻密なコンピューターがどれだけ崩していくのかがこの試合のポイントだと思っています」と、この一戦の見どころを紹介。
 
 また、「Bigbangの王者とKrushの元王者という図式でも注目される試合だと思うので、そこに対するお互いの意地も勝負の分かれ目になるんじゃないかと思っています」と、王者クラス同士の激突にも期待を寄せていた。
 
 しかし、西京は「相手も一応Bigbangチャンピオンなんですけども、それも全然意識してなくて、ただしっかり倒して勝ちたいなっていうそれだけですね」と、相手の肩書きはあまり意識していない様子。再起戦を勝利で飾ることしか頭にないようだった。
 
 それを聞いていた増井は「西京選手はBigbang王者を何も気にしてないと思うんですけど、僕は王者としての意地があるんで、何がなんでも勝ちたいと思います」と闘志を燃やす。団体を背負う覚悟で、下馬評を覆すことを宣言していた。

西京佑馬
「試合が決まってから勝つために練習してきたので、明日はそれを出すだけです。(計量で向き合ってみて、お互いにどんな印象を受けた?)まあ背が高いかなっていう印象ぐらいですかね。(久々のKrush参戦で再起戦。最近はK-1に出てきた中で今回はKrushでどんな勝ち方を見せようと思っている?)KrushとかK-1とか関係なく、復帰戦ということなんで。相手も一応Bigbangチャンピオンなんですけども、それも全然意識してなくて、ただしっかり倒して勝ちたいなっていうそれだけですね。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日は面白い試合にしようと思いますのでご注目よろしくお願いします」

増井侑輝
「試合が決まって2カ月間、西京選手に勝つことだけを考えてやってきました。明日はその成果を出して、しっかりインパクトを残して勝ちたいと思います。(計量で向き合ってみて、お互いにどんな印象を受けた?)体の仕上がり的には僕のほうが仕上がってるかなっていう感じですね。(Krush初参戦となるが、Bigbangチャンピオンとしてどんな試合を見せて自分をアピールしたいと思っている?)西京選手はBigbang王者を何も気にしてないと思うんですけど、僕は王者としての意地があるんで、何がなんでも勝ちたいと思います。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日は下馬評を覆して勝ちたいと思います。皆さん、注目しててください。応援お願いします」
 

 

選手登録