2021.12.12

 12月18日(土)後楽園ホールで開催される「Krush.132」の[第8試合/Krushバンタム級/3分3R・延長1R]で野田蒼と対戦する橋本実生のインタビューを公開!

――9月のKrush後楽園大会では鵜澤悠也選手に大差の判定勝利を収めました。あの試合を振り返っていただけますか?

「試合としては全然ダメでしたね。倒しきれんかったし、しょうもない試合をしてしまいました」

――鵜澤選手とは試合前から舌戦もあり、互いにKO決着を宣言していた試合でした。

「鵜澤選手も色々と考えて発言してくれてたと思うし、それで試合が注目されてよかったと思います。試合でも自分から来てくれましたからね。ただKOしないとあかん相手やったなと思います」

――そして今大会では野田蒼選手と試合が決まりました。野田選手からは試合が決まった時に「この試合は喧嘩して倒そうと思います」というコメントもあり、前回に続いて試合前から互いに感情をぶつけ合う試合になっています。

「あんまりゴチャゴチャ言わない方がいいと思いますよ。計量とか前日会見になったら、ビビって何も言うてこうへんと思うんで」

――野田選手からは「橋本はいいところで勝てない選手」という言葉もありました。

「それは嫉妬してるだけやからダサいでしょ(苦笑)。チャンスをもらって、結果を出せなかったことは自分が一番分かってます」

――ファイターとして野田選手にはどんな印象を持っていますか?

「根性がない。侮辱するわけじゃないですけど、格闘家やプロで根性ないのはあかんと思うんですよ。だから正直、選手としてリスペクトはないです」

――どこにそれを感じますか?

「試合を見たら分かりますよ。そういう選手とは格闘技やK-1にかける覚悟が違うから、俺は負けないです」

――また事前のインタビューで野田選手からは「殴り合うだけが喧嘩じゃない。一方的にどつくのも喧嘩やし、打ち合いにすらならない」という発言もあったのですが、それについてはいかがでしょうか?

「かっこいいじゃないですか、言ってることは。でもアイツは根性がないから打ち合わないでしょ。“一方的に”って言っても、自分の攻撃だけ当ててかわして逃げて…を繰り返すだけやったら、面白くないでしょ。それやるんやったらアマチュアでやれって。プロはお金払って来てくれる人を楽しませなあかんと思うし、俺はそれが打ち合いやと思うんで。今回もあっちが“喧嘩”とか言ってきて、喧嘩やったら逃げることなんてないからなって思います」

――現在K-1・Krushのバンタム級には黒田斗真・壬生狼一輝のツートップがいて、この試合の勝者はそこに次ぐ選手を決める試合でもあります。

「向こうからしたら俺とやれてラッキーかもしれないですけど、俺からしたら何のメリットもないんで、さっさとぶっ倒して来年につなげたいです。まじでぶちのめしてやりますよ。彼は格闘技のレベルは高いと思いますけど、格闘技一本で食っていくプロの選手じゃない。ノホホンとやってればいいみたいな選手やと思うんで」

――この試合以降の目標・展望を聞かせてください。

「一番になることですね。ベルトで言えばバンタム級はKrushにしかベルトがないんで、Krushのベルトを獲りたいし、もしベルトを獲るチャンスがなくても強いと言われている選手を全員倒して自分が一番だってことを証明したいです」

 

選手登録