2021.09.15

 9月15日(水)都内にて、11月20日(土)後楽園ホール「Krush.131」の第1弾対戦カードが発表された。

 鈴木勇人vs寺島輝のKrushスーパー・ライト級ワンマッチが決定した。2019年にKrushスーパー・ライト級王者となった鈴木だが、昨年2月の「Krush.111」で佐々木大蔵に敗れて王座から陥落。その後、2連勝を飾っていたものの、昨年12月のK-1両国国技館大会では不可思に、そして今年3月の「K’FESTA.4 Day.1」東京ガーデンシアター大会ではヴィトー・トファネリに敗れて2連敗中だ。

「自分は今連敗中なので特に言うことはありません。試合でしっかり見せます」と、言葉少なに意気込みを語った鈴木。トファネリ戦の敗戦を踏まえ「今まではガムシャラにやるみたいな練習が多かったんですけど、今は頭を使って考えて考えて、頭を使う練習をやっている」と練習方法も一から変えた。「最近頭を使う練習がハマってきているんで、自分自身、すごく強くなっている感じがある」と、成長に対する手応えも感じているようだった。

 対戦相手の寺島に関しては「スピードがある選手。出入りとスピード、あとコンビネーション、テクニックのある選手という印象ですね」と語った鈴木。「この一戦に関してはどんな理由にしろ負けたら終わりだと思っているんで、何がなんでも勝ちます。次のことは考えてないです」と悲壮な覚悟で、8カ月ぶりの再起戦に挑む。

 対する寺島は昨年3月「K’FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会で山崎秀晃にプロ初黒星を喫してから、続けて斉藤雄太にも敗北。しかし、今年7月の「Krush.127」で松本篤人を破って復活の狼煙を上げたばかりだ。

 会見では「この日一番面白い試合を、そして熱い試合をしようと思っているので応援よろしくお願いします」と力強く意気込みを語った寺島。難敵だった松本を攻略したことで現在は全体的に実力が伸びていることも実感できているようで「今は試合中の駆け引きが楽しくなってきているので、今度の試合もそういう駆け引きをできたら面白いなと思います」と、鈴木との試合の展望も語っていた。

 Krushのスーパー・ライト級は現在、佐々木が王座に君臨。K-1も含めて選手層の厚い激戦区だ。「次のタイトルマッチの挑戦者は寺島かなと思わせる試合をしたいですし、次の挑戦者になるつもりで戦います」と、前王者との試合で次期挑戦権をアピールする腹積もりだ。

鈴木勇人
「久々に試合ができることを率直に嬉しく思っています。自分は今連敗中なので特に言うことはありません。試合でしっかり見せます。(対戦相手の印象は?)スピードが凄いある選手だと思っています。出入りとスピード、あとコンビネーション、テクニックのある選手という印象ですね。

(負けからの再起での久々の試合だが、どこを意識して練習している?)前回試合に負けて、このままじゃ上には行けないなと思ったんで、練習方法も全部変えて一から。今まではガムシャラにやるみたいな練習が多かったんですけど、今は頭を使って考えて考えて、頭を使う練習をしていて。それが最近ハマってきているんで、自分自身、なんか凄い強くなっているっていう感じがあるので、前回の負けがきっかけっていうわけじゃないですけど、次のステップアップのための練習をしていますね。

(今後タイトル挑戦やトップ選手たちと戦うことを見据えると、お互いに重要な試合となるが、どう捉えている?)寺島選手からトップ選手と言っていただいたんですけど、自分自身は全然そんなことを思っていなくて。自分はまだ全然弱いし、逆にこれからもっと強くなれると思っているんで。でも、この一戦に関してはどんな理由にしろ負けたら終わりだと思っているんで、何がなんでも勝ちます。次のことは考えてないです。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)前回試合してからちょっと期間が開いてるんですけど、この間に自分が何をしたのか、リングの上で証明したいと思います。応援お願いします」

寺島輝
「今回お話をいただいて、前チャンピオンと戦わせていただけるということで、凄く嬉しく思います。この日一番面白い試合を、そして熱い試合をしようと思っているので応援よろしくお願いします。(対戦相手の印象は?)蹴りの選手と、他の選手も自分も思うんですけど、自分はパンチもあるのかなと見て思っています。

(難敵の松本選手に勝って、どこが伸びてると感じている?)自分が思っている感じで試合はできているかなと思っています。自分も鈴木選手が言ったように考えて練習していますし、試合中の駆け引きが凄い楽しくなってきている印象なんで、今度の試合もそういう駆け引きも自分の中でできたら面白いなと思いますし、自分の伸びてる点は全体的に伸びてるかなって思っています。

(今後タイトル挑戦やトップ選手たちと戦うことを見据えると、お互いに重要な試合となるが、どう捉えている?)鈴木選手は前Krushチャンピオンですし、普通にトップ選手とやる感覚で僕は準備していますし、そういう覚悟を持って試合をしたいと思います。この日一番面白い試合をして、次のタイトルマッチは挑戦者は寺島かなと思わせる試合をしたいですし、次の挑戦者になるつもりで戦います。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)しっかり準備して、バチバチの試合をして、最後は寺島の試合が一番面白かったと言われる試合をしたいと思っているので期待していてください。よろしくお願いします」

 

選手登録